F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
Honda、F1撤退を発表
本田技研工業株式会社は、5日、東京青山の本社で緊急記者会見を開き、2008年をもってF1GPから撤退することを発表した。

ホンダが発表したプレスリリースの全文は以下の通り。

F1レース活動について

2008年12月5日(金)

私どもHondaは、このたび、2008年をもってF1レース活動から撤退することを決定いたしました。

サブプライム問題に端を発した金融危機と、それらに伴う信用危機、各国に広がった実体経済の急速な後退により、Hondaを取り巻くビジネス環境は急速に悪化してきています。
当面の世界経済は不透明さを増すばかりであり、回復にはしばらく時間がかかることが予想されます。

Hondaはこの急激かつ大幅な市場環境の悪化に対し、迅速かつフレキシブルに対応をしてきましたが、将来への投資も含め、さらに経営資源の効率的な再配分が必要との認識から、F1活動からの撤退を決定いたしました。今後のHonda Racing F1 Team、英国でエンジンの供給を行ってきたHonda Racing Development Ltd.については、チーム売却の可能性も含め従業員と協議にはいります。

Hondaは第3期のF1活動として、2000年よりB・A・Rとの共同開発という新しい形での参戦をいたしました。その後のF1を取り巻く環境変化により2006年よりHondaが100%出資するチームとしての運営に移行しました。最高峰のレースへの挑戦は、思いのほか厳しい道のりでしたが、多くの応援を頂き、2006年に貴重な1勝をあげることができました。頂いたご声援に十分お応えすることなく撤退の決定をすることは大変困難をともなう決断でした。

今後は、この激動の時代を生き抜き、レースで培われたチャレンジング・スピリットをもって、様々な新たな課題に引き続き挑戦し続けてまいります。

これまで、ご声援をくださった多くのファンの皆様、そして活動を支えてくださったF1界の皆様に対し、心よりお礼申し上げます。

尚、来年、鈴鹿サーキットでは予定どおりF1日本グランプリを開催いたします。来シーズンに向けての改修工事も順調に進んでおります。

ありがとうございました。



本田技研工業株式会社
代表取締役社長
福井 威夫



な、なんてことだ、
恐れていたことが現実のことになってしまった...

原油の高騰や景気の急激な落ち込みで自動車販売の不振が深刻となっており、F1活動に少なからずも影響があるのではと思っていたが、まさか撤退するとは!


[★続きを読む...]
スポンサーサイト
【2008.12.06】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(4) []
第12戦 ヨーロッパGP 公式予選
午後に入り、気温は26度、路面温度が33度、一部雲も見られ雨の心配も出てきそうな中で予選は開始。
使用されるタイヤはソフト側がスーパーソフトコンパウンド、ハード側がソフトコンパウンド。

  ■公式予選レポ(F1キンダーガーテン)   ・Q1   ・Q2   ・Q3

  ■公式予選リザルト  The Official Formula1




[★続きを読む...]
【2008.08.23】 Qualify
TRACKBACK(3) // COMMENT(0) []
第12戦 ヨーロッパGP 土曜フリー走行
フリー走行2日目。温度もさほど上がらない。
路面が出来上がってきたセッション終わりごろにタイムが上がってきた。

   ■土曜フリー走行結果

今回はウィリアムズ勢が好調。
ホンダは相変わらずバリチェロが走行した中では最下位。
初日のブレーキトラブルはまだ解決しないのか?

bal1

市街地サーキットにしてはコース幅が広いのが特徴ではあるが、さらにエスケープゾーンもかなり広い上にグラベルではなく舗装してあるため、ドライバーはついつい攻めすぎてしまうのかオーバーランやスピンが非常に目立った。

予選では攻めたい気持ちを抑え、いかに上手くまとめるかがポイントとなるような気がする。


【2008.08.23】 Free Practice
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第12戦 ヨーロッパGP 金曜フリー走行
F1初の開催となるバレンシア市街地サーキット。
初日はやはり埃っぽくて路面は決してよくない状況の中でフリー走行は始まった。

 ■フリー走行1回目     ■フリー走行2回目

後半戦に期待のホンダチーム、フリー走行1回目はバリチェロ11番手、バトン17番手と前半戦とあまり変わり映えしないのかと思いきや、フリー走行2回目になんとバトンが3番手タイム!
路面ができてくるとホンダはポテンシャルを発揮できるのか!?

しかしながらバリチェロは20番手の最下位。
周回数を見てもトラブルがあったようには思えず、燃料搭載量のこともあるが、バトンと2秒近いギャップが生じた原因は何なのか気になるところ?

地元アロンソ気合の最多周回で2番手タイム、ライコネンもトップタイムを叩き出すなど気合が入ってきたのだろうか?
これらもホンダ好調に加えておもしろくなりそうな展開だ!

バレンシア市街地コースは見た目非常に楽しめそうなコースで、後半初戦は非常に興味深くなってきた!!

【2008.08.22】 Free Practice
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
ホンダ、ヨーロッパGPに向けての準備は進む
次戦ヨーロッパGPは初のバレンシア市街地サーキットでの開催となるが、イメージとしてはどうしてもモナコ市街地サーキットを考えてしまう。

しかし、意外にもバレンシア市街地サーキットは中・低ダウンフォースのサーキットで、いくつかの高速コーナーを有するチャレンジングなコースとなっているようだ。
技術的な要求はホッケンハイムによく似ているということらしい。

このコースにおいて7月最終週に初めてのレースが行われたようだが、ホンダはそれに参加したF3チームからテレメトリデータを入手し、スペインGPが行われたカタルーニャサーキットのF3のデータと比較して、RA108のセットアップに役立てるとのこと。(GP UP DATE.NETより)

他のチームも同じような準備はしているだろうから、一概にアドバンテージがあるとは言えないが、後半戦のスタート一戦目に期待したい!


【2008.08.19】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
2008シーズンの折り返し点を過ぎて
★HONDA F1サイト更新

F1現場レポート【特別編】
The Strategy 
ロスブ・ロウンとHonda Racing F1 Teamが描く戦略

H1
ロス・ブロウンが今シーズン前半戦の総括と今後に向けての展望を語る。






【2008.08.12】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
Summer Greeting
cap


暑い日が続いていますがお元気でしょうか?

開幕以来しばらく更新していませんでしたが、
後半戦からがんばって更新しようかなと思います。

先日、地元のHONDAファンとF1を熱く語る機会があり、
かなりモチベーションアップしました!

ホンダの今季の厳しさは変わらないけど、がんばって応援するぞ!!
【2008.08.11】 未分類
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「夢を、ありがとう」
saf1


【2008.05.13】 未分類
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
2008年開幕戦オーストラリアGP 公式予選
ホンダには一発のタイムは期待していなかったが、予選での順位は期待以上だ!
タイムから見ても第2グループを形成するチームではコンマ3秒ほどしかない。
テストの様子からすると本当にサプライズだ!

上手く開発を進めていけば、中盤以降の活躍が期待できるのではなんて思いになってしまう。
明日の決勝は激しい戦いになるだろうが、非常に楽しみである。

しかし、予選のQ3はつまらなかった...。
決勝の作戦をにらんでの駆け引きが濃くなり、一発勝負の戦いは更に薄れた。
ほとんど走らないドライバーもいるくらいだ。

やっぱり予選は純粋にどのマシンが、どのドライバーが速いのか、燃料搭載ぎりぎりでの最速の戦いが見たいものだ。

[★続きを読む...]
【2008.03.15】 Qualify
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
2008年開幕戦オーストラリアGP フリー走行3
BMWザウバー が1?2。

フリー走行3は予選をにらんだ走行となるが、2強のフェラーリ、マクラーレンは手の内を明かさずか?下位に沈んでいる。

タイム的には26秒台に2番手グループのチームがひしめいており、予選は熾烈な戦いが予想される。

まもなく予選が開始するが、今年の予選はどのような駆け引きが見られるのか楽しみである。

[★続きを読む...]
【2008.03.15】 Free Practice
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。