F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
第16戦中国GP 決勝
china3

第16戦中国GP決勝はライコネンが優勝!
ハミルトンは痛恨のリタイア、チャンピオン決定は最終戦へ!


【決勝リザルト】
・中国GP決勝順位&レポ

・中国GP決勝ファステストラップ一覧

・中国GP終了後ドライバーズポイント

・中国GP終了後コンストラクターズポイント

※最終戦タイトル決定条件


■Honda Racing F1 ドライバーキャップ 2007/J.バトン 

ウェット状態でスタートした中国GP。
路面状況、天候の読みが明暗を分ける展開となった。

チャンピオン決定に向けて、ポールから順調なスタートを切ったハミルトンであったが、タイヤ交換のタイミングを誤り、ライコネンに抜かれた挙句、痛恨のリタイア。
リアタイヤは磨耗し、何か白いものが覗いているほどであったが、チームはピットインのタイミングを遅らせた。
やっとのことでピットロードまでたどり着いたハミルトンであったが、ここで痛恨のコースアウト。
その後ピートロード脇のグラベルから脱出することはできなかった
このチームとドライバーのミスが最終戦へと大きく興味を持たせる結果となった。

その後ライコネンはプッシュし続け、2位アロンソとの差を保ちながらフィニッシュ。
ライコネン、アロンソ共に最終戦へと望みをつなげた。

しかしながら依然とハミルトン有利なポイント差。
最終戦は信頼性が大きなポイントとなりそうだ。

ホンダはバトンが健闘して5位入賞。
路面が乾き始めてからのソフトタイヤでの追い上げはすばらしく、一時4位まで上がったものの、終盤にもう1回ピットストップが残っていた。

バトンの入賞でホンダはアグリチームのコンストラクターズポイントを上回った。
残念なことにトロロッソがW入賞したことにより、アグリチームはさらにコンストラクターズ順位を下げることとなった。

アグリチームは早々にデビッドソンがバリチェロと接触してリタイヤし、琢磨も雨のリベンジならず14位とふるわなかった。









スポンサーサイト
【2007.10.07】 Final
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第15戦日本GP 決勝
JPN2

ハミルトン優勝 ルーキーチャンプに王手

・決勝リザルト

・ファステストラップ一覧

・日本GP終了後シリーズ・ポイント


【決勝後インタビュー】
・2年目の日本GPで目的を果たせなかった(SAF1佐藤琢磨)



【決勝後プレスリリース】
・Honda Racing F1 Team

・SUPER AGURI F1 TEAM


雨の中スタートした富士での日本グランプリ決勝は厳しいレースとなった。
ドライバーにとって一番の敵は”視界”だったであろう。
オンボードカメラでの映像はひどいものだった。

ポールの特権はウォータースクリーンが無いこと。
フロントローのマクラーレンは快調に飛ばしていった。

一方のフェラーリはFIAよりスタートで義務付けられたエクストリームウェットタイヤを装着しておらず、早々とピットイン。
大きく予定が狂うこととなった。

しかし、マクラーレンもいつまでも視界良好とはならない。
他のクルマとからんでくるとやはり接触のリスクが高まり、ハミルトンもアロンソも接触をしてしまう。
接触後マシンに影響が出たのか、アロンソが痛恨のクラッシュでリタイヤ。
次戦、ハミルトンとアロンソの間に逆のことも起こりうるであろうが、そういうことでもなければチャンピオン獲得は絶望的になってしまった。

今季は絶対的にマシンの完成度が低いホンダとSAF1、雨にチャンスを見出そうとしたものの活かすことができなかった。
トヨタを含め、母国GPとなる日本勢にはかなり厳しい結果となった。

ハミルトンにとってはチャンピオンに大手をかける大きな一戦となったが、彼の冷静なドライビングが光ったレースであった。






【2007.10.01】 Final
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第14戦ベルギーGP 決勝
asd


 ベルギーGP決勝リザルト
 ライコネン完勝!2番手マッサ、2番手アロンソ

予想通りフェラーリが完勝!
今季は信頼性に今ひとつ不安があるフェラーリだが、トラブルがなければこの1?2フィニッシュは十分予想できた結果であった。

そして、予想通りスタート直後のアロンソとハミルトンの激しいバトル!
マクラーレンのコンストラクターズ選手権の資格がなくなった以上、チームからの制約は何もない。
貪欲なまでの2人の戦いは容易に予想できた。

しかし、見た感じちょっとアロンソは強引だったか。
ハミルトンが不満なのもわかる。
だが、ハミルトンも押し出されながらもアクセルを緩めることなくコース復帰し、アロンソとサイドバイサイドでよくオウルージュへとアプローチしたものだ。

が、結局は譲ってしまったハミルトン、アロンソの執念と気迫に負けた形となった。
非常に期待を裏切らない見ごたえのあるスタートだった。

■Honda Racing F1 ドライバーキャップ 2007/R.バリチェロ 

今回はオーバーテイクも結構見られ、見ごたえのあるレースだった。
本当に見ていて楽しかった。

すっきりしたのは琢磨がバトンをオーバーテイクしたシーン!
いやいやすばらしかったです。

ベルギーといえば2年前にバトンがどんでん返しでBAR残留となり、琢磨がシートを失うことが発表された場所。
残留が決まったあの時、バトンは今年のようなことは予想だにしなかったであろう。

とはいえ、ボクはやはりホンダファンである。
来季はこの屈辱的状況からなんとしても脱して欲しいと切に願うものである。

■Honda Racing F1 チームTシャツ 2007 

次はいよいよ日本GP。
富士ではどんな盛り上がりを見せるのか?
トヨタのホームというのがホンダ党のボクからすれば少しおもしろくないが、鈴鹿の復活も決まったことだしよしとするか。

しかし、長ーいストレートがとっても今年のホンダ向きじゃないのが残念。
やっぱり苦戦するのかなぁ。

■Honda Racing F1 / チームシャツ 2007 





【2007.09.18】 Final
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
第13戦イタリアGP 決勝
不甲斐ないフェラーリ、タイトルはもはや絶望的...

第13戦イタリアGP決勝リザルト

ご無沙汰しています。
かなりサボってしまいました。
仕事が忙しかったのもありますが、気力があれば更新できたはず。

そうです、今年のF1がつまらない(ボクだけ?)のが一番の要因かもしれません。

春先はアグリチームや琢磨の頑張り、新星ハミルトンの活躍などで盛り上がりました。
しかし、いつまで経ってもホンダがダメ、資金のないアグリチームも予想通りシーズンが進むにつれ厳しくなってきました。
(頑張りはすごく、健闘していますが!)
更にはハミルトンの頑張りさえもどうなの?というような疑問が...。

極端な話、良いマシンさえ手に入れれば、あるレベルのドライバーであれば誰でも早く走れちゃうんじゃないの?というような気持ちにさえなってきてしまう始末。
(当然そう簡単な話ではなく、ハミルトンがやはり優れたドライバーであるのは理解した上なのですがねぇ)

しかし、なんと言ってもフェラーリとそのドライバーが不甲斐ないのでは?

特にマシンの信頼性はひどく落ちてしまった。
圧倒的な強さを誇っていた当時は、3年間くらいノートラブルなんて時もあったような記憶があるが、今年はひどいもんだ!

いくら速いマシンであっても、再三マシントラブル起きてはチャンピオンシップはとても争えない。
昨年までのマクラーレンがまさにそうであった。

ドライバーにおいては、ライコネンが予想外。
マッサを差し置いてライコネン、ライコネンと騒ぎ立てられたわりには、少し冴えない実績ではないか?
(個人的にはジョーダン時代の琢磨に故意に幅寄せしてクラッシュさせたやなヤツというイメージが根強い)

今年もミハエルが走っていれば、きっと違った展開になっていると思えてならない。
マシンはマクラーレンのほうが上だろうが、ミハエルなら多少劣るマシンでもそれなりの戦い方ができるであろう。
最終的にはチャンピオンは難しいかもしれないが、きっと最後まで喰らいついていっているに違いないと考えるのはボクだけではないであろう。
(えっ、ボクだけ?:弱気)

ちょっと秋らしくなり、ミハエルを恋しく思う今日この頃である...。

更に、つまらないF1に追い討ちをかけるのがスパイ疑惑だ。

これも本当にがっかりだ...。
トップを行くチームに疑惑がかけられているのだからなおさらだ。
これでペナルティが下されてフェラーリがコンストラクターズのタイトルととるような事になればものすごくシラけてしまうのは間違いない。

しかし、この問題については再発防止のために徹底追及し、厳しい処罰を行ってもらいたい。
そうしないと今後の秩序は保てなくなるだろう。

更に個人的に言えば、マクラーレンのお家騒動もつまらん!
レースがつまらんからこっちの方が大きく取り上げられるのか?


まぁ、アロンソが意外に子供っぽいのもサプライズだった。
追われる側に立つと、精神的なプレッシャーもかかるのだろうが、人間はそういうときにこそ本質が現れるもの。
王者としての風格を示して欲しかったねぇ。

まぁ、ボクがドライバーだったらやはりお堅いマックと冷たいロンデニのチームには行きたくないかな。

最後に、最も個人的に今年のF1がつまらない理由としてホンダの低迷である!

あまりにもひどすぎる!
愛するがゆえに怒りも大きい!
あの立派な風洞は何だったんだ?!
税金返せ?っ!
いやいや税金じゃない、オレの買ったオデッセイの金の一部を返せ?っ!

て言うか、ニック・フライを追い出せ?っ!
あいつは何なんだ?

某F1誌によるとあいつは好き勝手にやってるらしいじゃないか。

今回の早期に行われた来期ドライバー発表もそうだ。
ニックが相談無しにバリチェロ残留を勝手に決めたらしい...。

ホンダエンジンのSAF1で活躍を見せている琢磨をなぜこのワークスチームに迎え入れないのか皆疑問に思っているらしいじゃないか。
これじゃチームもきっとまとまってないぞ!

ホンダのチームだろ?
何でアイツを最高責任者に置いておく?
アイツは何か握ってるのか?
何とかチームを取り戻そうとたくらんでるとの噂もあるらしい。

とにかくこんな屈辱的なホンダは見たくない。
あの美しいアースカラーのマシンがトップを走る姿を見たい!

これまた個人的な意見で申し訳ないが、もう来期のマシン開発に完全投入してくれ!
(あっ、日本GPがあったっけ!)

もう一度ハングリー精神とホンダスピリットで這い上がるしかない。
ここまで落ちたら恥ずかしいものは何もない。
なりふり構わず頑張って欲しい。

来期は着実にステップアップして、2009年には再度琢磨を迎え入れて、復活する鈴鹿で勝利を飾って欲しい!


【2007.09.11】 Final
TRACKBACK(1) // COMMENT(1) []
第8戦フランスGP 決勝
フェラーリ1?2フィニッシュ!
バトンが8位入賞で、ホンダ今季初ポイント獲得!

フェラーリがフリー走行での速さのとおり、決勝でも安定した速さで1?2フィニッシュを飾った。
復調の兆しが伺え、これからの後半戦が楽しみだ。

しかし、ポール・トゥ・ウィンかと思われたマッサが渋滞でタイムを失い、ピットインのタイミングでライコネンに優勝をさらわれてしまったのにはがっかり。
バトル無しでこうなるのは実につまらない。

その他も何か今ひとつ内容的に盛り上がらないグランプリだった。

 ・フランスGP決勝リザルト&レポート
 ・フランスGP決勝後ホンダプレスリリース
 ・フランスGP決勝後SAF1プレスリリース
 ・フランスGP決勝後ホンダ田辺エンジニアインタビュー
 ・フランスGP決勝後佐藤琢磨インタビュー
【2007.07.02】 Final
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
第7戦アメリカGP 決勝
ハミルトン、王者アロンソを跳ね除けて2連勝!
ベッテル、初戦にて最年少でのポイント獲得記録樹立!

 ・決勝レポート&リザルト

スタートから襲い掛かるアロンソを少しけん制してピシャリを抑えたハミルトン。
そして終盤スリップに入りオーバーテイクにかかるアロンソをこれまた冷静にきっちり抑えた様はお見事とというより他ない。

いくら今季最高のマシンに乗っているとはいえ、同じマシンを操る2度のワールドチャンピオンに輝いているアロンソを凌ぐ成績をこの新人が残しているという事実は驚きを隠せない。
毎戦毎戦進化し、強くなっているように感じる。

アロンソの心中は穏やかではあるまい。

フェラーリは思ったより離されなかったという感じか。
もはやフェラーリは最速のマシンではありえないのは紛れもない事実。
どこで狂ったのか?


コバライネンはカナダからの好調をキープ?で5位。
しかし、5位以下は大きく離されている。

今回はセーフティカーは入らず、大きな波乱はなかった。
波乱といえば琢磨の単独スピンか...。
これからというときに残念である。
おまけにイエローフラッグ時のオーバーテイクもペナルティとなり、次戦は10グリッド降格となる厳しい裁定。
これに対して琢磨は納得がいかない模様

ホンダ、SAF1ともに今回はぱっとしないグランプリとなった。
ヘレスにて極秘で行われるホンダ、SAF1合同テストに期待したい。

 ・ホンダ決勝後プレスリリース
 ・SAF1決勝後プレスリリース

【2007.06.18】 Final
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第6戦カナダGP 決勝
快晴のレース日和となったジル・ビルヌーブ・サーキットでの決勝は、クビサの大クラッシュを含め4度のセーフティーカーが入る大混乱となったが、常時冷静な走りを続けた新人はミルトンが見事な初優勝を遂げた。

今季からセーフティカー導入時のルールが改定となったが、これまた混乱を誘い、マッサとフィジケラが失格処分となってしまった。

ホンダはバトンがギアがニュートラルから抜けずスタートできないままリタイヤ、バリチェロはセーフティカー出動時の対応が上手く行かず、最下位で完走した。

アグリチームは2台とも順調にレースを進めていたものの、アンソニーが動物と接触して緊急ピットイン。順位を落としてしまった。
琢磨は会心の走りと好判断のピットインでタイヤを上手く使い、ゴール数週前には昨年の王者アロンソをシケイン手前で見事にオーバーテイク!
序盤にはライコネンもパスするなど久しぶりに琢磨の生き生きとした走りを見ることができた。
リザルトは6位と最高の結果をもたらした。

優勝したハミルトンは、アロンソ7位、マッサ失格という結果から、チャンピオンシップ単独トップに躍り出た。


混乱のカナダGP決勝 ハミルトン完勝! 琢磨6位!
決勝後の佐藤琢磨インタビュー
決勝後の鈴木亜久里代表インタビュー
決勝後のホンダ中本STDインタビュー
【2007.06.15】 Final
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第5戦モナコGP 決勝
アロンソ完勝でマクラーレン1、2をゲット!(F1 Kinder Garten)
【2007.06.15】 Final
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第2戦マレーシアGP 決勝
アロンソが移籍後初勝利!
復活マクラーレン、見事な1?2フィニッシュ!

rnd2a

予選で惜しくもポールを逃したたものの、フェラーリと遜色ない速さを見せたアロンソが見事に移籍後の初勝利を上げた。
マクラーレンは新人ハミルトンが終始落ち着いた走りをみせ、フェラーリを見事押さえ込み、復活の狼煙を上げる見事な1?2フィニッシュを決めて見せた。

 【決勝レポート&リザルト】
  ・決勝レポート
  ・Results   ・Fastest Laps   ・Pit Stop Summary
  ・各チームのタイヤ戦略
  ・2007 Drivers Championship
  ・2007 Constructors Championship

[★続きを読む...]
【2007.04.08】 Final
TRACKBACK(8) // COMMENT(0) []
第1戦オーストラリアGP 決勝
ライコネンがポール・トゥ・ウィンで開幕戦を制す!
 ●オーストラリアGP決勝結果

フェラーリのライコネンはスタートから安定した速さを見せ、7位以下を周回遅れにするなど危なげなくポール・トゥ・ウィンを決めた。
ライコネンのフェラーリ移籍後いきなりの初勝利は、2005年日本GP以来の勝利であった。

一方、予選でギアボックストラブルに泣かされたチームメイトのマッサは、エンジン交換を行って最後尾からのスタートとなった。
1ストップ作戦での追い上げの結果は6位で、5位フィジケラにはあと一歩届かなかった。
(フィジケラはここでやられていたらヤバいことになっていたかも...)
序盤、ホンダ勢に長く付き合わされていなかったらもう少し上位に入れただろう。

マクラーレンは中盤までハミルトンがアロンソより先行していたが、最後のピットストップで逆転。
終盤、ハミルトンのペースが上がらなかったことが気になるが、アロンソに続いてきっちりと表彰台に上がったのはたいしたものだ!
テストの時にはフェラーリに水をあけられた感が強かったが、ギャップを縮めてきたように感じた。
フェラーリもうかうかはしていられないだろう。

BMWも速さを見せたが、クビサがトラブルでリタイヤ。
トラブルなければ、おそらく4位、5位をキープしただろう。

ルノーはフィジケラ、コバライネン共に精彩を欠いた走りだったように感じた。
特にコバライネンはミスが多そうだ。

ホンダはバトンが大ブレーキ。
バリチェロも長い間マッサと共に付き合っていた。
バリチェロは前に出ると2秒近く早かった。
バトンは相変わらず譲らないやつだ...。
結局バトンはペナルティ食らったりと散々。
バリチェロは我慢のかいあって、最終的にはアグリチームの前に出て面目を保った。

スーパーアグリチームは、アンソニーがスタートを失敗。
最後尾からの追い上げとなった。
また、不運なことに接触もあり、それ以降ペースが上がることはなかった...。

一方の琢磨は健闘。
12位ではあったものの、見事完走!
しかも、8位ラルフからは12秒遅れとCS解説人の評価は高かった。
ぶっつけ本番でここまでいけば、今後も期待できるか。


F1グッズョッピング



【2007.03.18】 Final
TRACKBACK(3) // COMMENT(2) []
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。