F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
BARはそこまでやる!?
  ◆BAR失格問題,サブ・タンクの存在が焦点に
サンマリノGP終了後,FIAはBARをレギュレーション違反で訴えることを決めたが,この決定を決めた要因には「サブ・タンクを是正する」との狙いがあるようだ。
今シーズン,BARはマシンに通常の燃料タンクとは別にサブ・タンクを設けているが,これは「最低重量を満たすための装置」との名目と共に,「レース中はこのタンクからも燃料を供給することでロング・ランを実現し,規定より軽い車体で走行することができる」とのメリットがある。この部分についてはレギュレーションではグレー・ゾーンとなっており,BAR側は『調査に協力して証拠を出す』と潔白を証明することを明らかにしている。 (4/27 Formula Web F1 NEWS より)

  ◆BAR、二重タンク疑惑
サンマリノGPで3位に入ったBAR・ホンダのジェンソン・バトンだが、レース後に重量規定違反に問われた。最終的には、スチュワードは「白」である判定をしたものの、FIA側がスチュワードに対して控訴するという自体に発展している。
この件について、一部でBARが二重タンクを保有しているのではといった疑惑が浮上している。これはBARには隠されたタンクがあり、レース中はこのタンクは空にしておき最低重量以下で走行し、最後のピットストップではこのタンクに給油しレース後にはレギュレーションをクリアできる最低重量を満たすという違反を故意に行うというもの。真偽は、5月4日に明らかになる。 (4/27 1-800-F1 News より)

よくレギュレーションの盲点を突こうと工夫したもんだと感心するべきか、邪道というのか、とにかくそこまでやるかという感じですね...。
ただし、本当にサブタンクがあればの話ですが。
あまり危ない橋を渡るのはどうかと思います。
もう少し順当にやるべきことがあるのでは?と思ったりもします。
でも、後にサブタンクに給油するなんて手の込んだことが出来るんでしょうか?
いずれにしても5月4日には明らかになるとのことですが、最悪のシナリオだけは避けたいものです。


スポンサーサイト
【2005.04.27】 News
TRACKBACK(2) // COMMENT(8) []
| BLOG TOP |
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2