F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
アメリカGP決勝(いいのかこんなんで...)
フェラーリ1?2、今季初勝利!
モンテイロ3位、初表彰台!

と、見出しはすごいがこれじゃあねぇ...。
こんな寂しい決勝スタート見たことない。
フェラーリとジョーダンとミナルディの3チーム、6台の競争なんて、フェラーリがジョーダンとミナルディを何週遅れにするか?とか、最近ニューマシンになってジョーダンを食い始めたミナルディとジョーダンの3位表彰台の争いくらいしか興味が湧かない...。
あるいは、フェラーリのトラブルによるリタイアでミナルディがジョーダンに競り勝って優勝という歴史的かつ大奇跡の瞬間を目の当たりにすることに期待するしか楽しみようがない。
残念ながらフェラーリが順当に勝って、本当につまらないレースとなりました。
しかし、歴史的なレースにはなりましたかね。
将来F1オタククイズなんかに出題されるレースとなったことは間違いないですな。

今回の件はどこに責任があるのか?
安全を最優先したミシュランの決断と、ミシュランユーザーチームの選択は全くの正解であることは間違いない。
やはり安全なタイヤを供給できなかったミシュランが悪いということになるのだろうか?
100%安全というタイヤを作ることは難しいから、時にはこういった欠陥が見つかり、不測の事態もあり得ると考えるべきでは?
そうなると、FIAは臨機応変にレースを行うことを考えなければならないのではないか?
今回FIAは、最終コーナーにシケイン作るというミシュラン側の提案を拒否し、最終コーナーでのスピードを自主規制、ペナルティを覚悟で予選とは異なるスペックのタイヤを使用、もしくは安全性の理由からレース中に何度かタイヤ交換をするなどといった訳のわからない無責任な提案をしている...。
バトルを繰り広げるレーサーが最終コーナーで本当にスピードを自主規制できるか?
別スペックのタイヤが安全だという保障はあるのか?
タイヤ交換も何週までなら大丈夫という保障はあるのか?
なにがここまでFIAをかたくなにさせたのか?
FIAはファンのことは考えてないのか?
アメリカの人だけでなく、世界中から高い旅費を払って観戦に来ている人も多いはず。
レースを一応成り立たせたジョーダンとミナルディにささやかな拍手を送りたい。
FIAがファンのことをほんとうに考えていたならば、なんとか安全にミシュランユーザー参加のレースを行う解決策を見出すことは出来たはずだ。
もう少しFIAには真摯な態度を見せて欲しかった。

とはいえ、ミシュランは今回ブリヂストンに対して完全な敗北を喫してしまったことを認め、レースで使えないようなタイヤを供給してしまったことを恥ずべきである!
2008年からタイヤがワンメイクってことになると、ミシュランはヤバイですね...。

最後に一つ!
みんなブリヂストンのタイヤを履いて緊急予選とレースをすることは出来なかったのか?
ムリか(ーー;)...。


スポンサーサイト
【2005.06.20】 Final
TRACKBACK(3) // COMMENT(11) []
| BLOG TOP |
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2