F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
琢磨の来期シート獲得に向けての動き
動き出しました。
まだまだ可能性はあります。
諦めないでがんばれ!
そのためにもブラジルGPで結果を残して欲しいものです!

琢磨のマネージャーがウィリアムズにアプローチ?(F1 Racing.jp)
ジョーダンが琢磨に興味を示す?(1-800-F1 News)




スポンサーサイト



【2005.09.24】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
失意のRnd.17 ブラジルGPフリー走行3,4
フリー走行4回目は予選を睨んだ走行となる。
相変わらずマクラーレンは早い。
が、思ったより接戦か?
BARホンダのバトンも好調である。
琢磨の17番手タイムは、おそらく決勝に照準を合わせた調整であろう。
琢磨にとって意味をもたない予選、果たしてタイムアタックはするのだろうか?
アウトラップで終わるのではないかと想像する。

いよいよ予選。
今日はスカパー見ないで寝よっと...。


[★続きを読む...]
【2005.09.24】 Free Practice
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
琢磨には保険はなかったのか?
以前からF1フリークの間で騒がれていました、けんさわさんの9.16の意味するものがようやく明かされました
ブラジルGPが始まり、けんさわさんの「サーキット便り」が更新されたからです。
だって、今回の件でいちばん驚いているのは当のホンダさんらしいですから。
あれほどかたくなに「バトンの所有権」を主張していたウイリアムズがまさか!
というのは、関係者一同の実感としての驚きでした。 (サーキット便りから抜粋)
だめもとでバトン獲得をもくろんでたんですね。
ここではっきりしておきたいのは「イタリア時点では佐藤君の続投は既定事実だった」とオレが思っていたってこと。
いや、ベルギー終了時点ですら「けんさわさん、佐藤君決まって良かったですねえ。9/16は知らないけど、続投ですよ」と聞いていました。(サーキット便りから抜粋)

まさかまさかというけれど、そうなった(ウィリアムズがバトンを手放す)場合のこと考えてなかったのか?ホンダも琢磨も...。
BARホンダはバトンが獲得できない場合の保険としてバリチェロを獲得したということだが、バトンを獲得できてしまった場合の琢磨の保険はなかったのか?
琢磨も完全に残留できる(ウィリアムズがバトンを手放す)と安心しきって対策は立てていなかったのか?
ホンダもあわてるくらいならバリチェロ獲得できた時点でバトンを諦めとけばよかったのに...。
正式にドライバーラインナップを聞いたのは水曜日(つまり前日)でした。アンドリューから聞かされました。
そりゃ琢磨もちょっと頭くるでしょう。
公にこそしないものの琢磨で決定したような雰囲気の中で、いきなりこれですから...。
何の慰めにもならない3rdドライバーの打診をされても、前回と違って将来的に正ドライバーとしての可能性もないものにどうして心惹かれようか...。
今から名乗りを上げても、ドライバーシート争奪戦に出遅れたどころの話じゃないです。
おりこうさんな琢磨のはずなのに、どうして最悪の場合の対策とってなかったんでしょう。残念です。

何回もほじくりかえすのもなんですが、もう一回だけ言わせてください。
HondaおよびB・A・R Hondaがウィリアムズに対して金銭を支払ってバトン選手の契約を買い取ったという事実はございません(ホンダF1より抜粋)
こんなコメント何の意味があるのでしょうか?
バトン自身がウィリアムズとの契約を買い取ったのは事実でしょうが、それ以上の巨額の契約金をバトンに提示しているのだから、実質的にバックアップしてるのは明らかではないでしょうか?
もしかしたら、やっちゃったことの重大さをまだホンダは心から気が付いていないのかもしれない...。

やっぱりいまのホンダは戦略がちぐはぐ...。優柔不断...。やることがうさんくさくなっちゃった...?。
でもやっぱり基本的にホンダは好きだ。
ストリームのローンもある(関係ないか...)。
もう一度原点に立ち返って、基本的な姿勢をはっきりとさせて再出発して欲しい!
そう、ホンダスピリットに立ち返るのだ!(ううっ、やっぱり今日も最後はこれだね...)



【2005.09.24】 未分類
TRACKBACK(0) // COMMENT(6) []
失意のRnd.17 ブラジルGPフリー走行1
琢磨順調な滑り出し。

燃えないはずがないこのGP。

正ドライバー意外でのBARホンダ残留はありえないときっぱり言い切った琢磨、吹っ切れた走りを見せてくれるのか。



しかし、彼はあくまでも鈴鹿照準だ。
基本的に今回の予選は「あってないもの」となる琢磨、フリー走行は全て決勝のための準備走行となる。
じっくりマシンを作り上げてくれ!
しかし、それがバトンにフィードバックされるのが悔しいなぁ...。
バトンと琢磨はポイントの差は大きいが、そのポイントに琢磨も多少貢献してるんだなぁ...。

1 A・ブルツ マクラーレン 1:11.701
2 佐藤 琢磨 BAR 1:12.738
3 F・アロンソ ルノー 1:12.782
4 J・バトン BAR 1:12.918
5 K・ライコネン マクラーレン 1:13.065
6 G・フィジケラ ルノー 1:13.094
7 J・P・モントーヤ マクラーレン 1:13.256
8 A・ピッツォニア ウィリアムズ 1:13.427
9 M・ウェーバー ウィリアムズ 1:13.509
10 R・ゾンタ トヨタ 1:13.573
11 R・シューマッハ トヨタ 1:13.788
12 M・シューマッハ フェラーリ 1:14.154
13 R・バリチェロ フェラーリ 1:14.282
14 C・クリエン レッドブル 1:14.468
15 J・トゥルーリ トヨタ 1:14.504
16 D・クルサード レッドブル 1:14.724
17 V・リウッツィ レッドブル 1:14.842
18 J・ヴィルヌーヴ ザウバー 1:15.211
19 N・カーティケヤン ジョーダン 1:16.230
20 T・モンテイロ ジョーダン 1:16.230
21 N・キエーザ ジョーダン 1:16.351
22 R・ドーンボス ミナルディ 1:16.769
23 C・アルバース ミナルディ 1:16.769
24 F・マッサ ザウバー no time



【2005.09.24】 Free Practice
TRACKBACK(2) // COMMENT(2) []
| BLOG TOP |
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2