F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
第7戦モナコGP 予選
ああ自滅...。フェラーリ、逆フロントロー独占!

monaco2

混乱が予想されたモナコGP、想定外の出来事で混乱するとは...。

ミハエルが最終コーナー前のラスカスで単独スピンを喫し、エンジンストールによりセッションが中断。
第3ピリオドも終了間近だっただけに、当然ライバルたちもアタックラップに入っており、そのラップは台無しに...。
結果ミハエルが見事?ポールを勝ち得たかに見えた...が、一転。
ミハエルが故意によるスピンによっコース上にクルマを止め、他のドライバーのアタックを妨害したとして予選タイム抹消となったのだ。
(「シューマッハ、ポールポジションはく奪!」F1 Live.com参照)



う?ん、過去7回もワールドチャンピオンの座に輝いた偉大なるドライバーがそこまでやるのか?
しかも、今季の走りも見事なドライブを見せているのに...。
個人的には故意にやる必要性があまり感じられないので、不思議な気もするが、今季ワールドチャンプに返り咲いて引退したいという気持ちが強くなったのだろうか?
残念ながら今回は録画での観戦で、しかも予選最後の10分が録れていなくて自分の目で確認できていない。
F1 Live.comの記事によると、「確かに、今回のシューマッハの行為は映像が残っているため、真偽は明らかかもしれない・・・。」という記述があり、かなりあからさまだったのだろうか?
いろんなコメントを見ると、他のチームやドライバーの批判もかなり強いようだ。「GPDA、MSに辞職要求へ」なんて記事もある。

これだけ問題視され騒がれるのは元ワールドチャンプということもあるが、過去に代表的なものとしてデイモン・ヒルとの一件やジャック・ビルヌーブとの一件などがあるように、疑問視される出来事が多かったこともあるのだろう。
確かにミハエルの走りはすごいと思うが、こういう点で今ひとつファンというところまで行き着けないところが個人的にはあった...。
フジテレビ721の再放送で確かめてみたい。

さて、一方マッサはカジノスクエア出口でまさかのクラッシュ。
早々とノータイムで予選を終えてしまった。
リアが流れてカウンターを当てたものの、カウンターの当てすぎかフロントのグリップが良すぎたのか知らないが、カウンターを当てたほうへ突っ込んで行きました...。
明らかに本人ミスでしょう。
これによってミハエルがあせったのかも知れません。
ミハエルががんばってもマッサがルノー、アロンソを抑えないとポイント差はなかなか目に見えて縮まりませんから。
これもミハエルの一件の要因となっているのでしょうか?



ところでスーパーアグリは厳しいマシンでよく戦ったのではないでしょうか?
決勝では後ろから来るフェラーリをどう処理するかがポイントでしょうか(笑)
難しいですよね、抜けないモナコですから。
同一周回でも青旗は出るんですかね?
あまりにも遅いと出るんだっけ?
そういえば92年の歴史的なセナVSマンセルのバトルの時はセナに青旗出てましよね。
フェラーリを敵に回すと怖い(なんと言ってもトッドがFIA F1パーマネントビュローの一員)ですから、対応が難しいところです。

それからホンダですが、論外です...。
もう改善では駄目です。改革を起こさねば...。

モナコGP予選結果は下の「▽Open more.」で!


[★続きを読む...]
スポンサーサイト
【2006.05.28】 Qualify
TRACKBACK(2) // COMMENT(3) []
第7戦モナコGP フリー走行2日目
●モナコGP フリー走行2日目
土曜フリー走行:トップ3台のタイムが接近!(F1 Racing.jp)
順位 / No / ドライバー / チーム / タイヤ / ラップタイム / タイム差 / 周回
1 / 1 / アロンソ / ルノー / M / 1'13"823 / 162.876 Km/h / 19
2 / 5 / M・シューマッハ / フェラーリ / B / 1'14"031 / + 0'00"208 / 20
3 / 2 / フィジケラ / ルノー / M / 1'14"056 / + 0'00"233 / 20
4 / 14 / クルサード / レッドブル・フェラーリ / M / 1'14"550 / + 0'00"727 / 19
5 / 10 / ロズベルグ / ウィリアムズ・コスワース / B / 1'14"623 / + 0'00"800 / 17
6 / 4 / モントーヤ / マクラーレン・メルセデス / M / 1'14"785 / + 0'00"962 / 21
7 / 9 / ウェバー / ウィリアムズ・コスワース / B / 1'14"804 / + 0'00"981 / 16
8 / 6 / マッサ / フェラーリ / B / 1'14"842 / + 0'01"019 / 24
9 / 12 / バトン / ホンダ / M / 1'15"020 / + 0'01"197 / 21
10 / 3 / ライコネン / マクラーレン・メルセデス / M / 1'15"124 / + 0'01"301 / 17
11 / 11 / バリチェロ / ホンダ / M / 1'15"283 / + 0'01"460 / 20
12 / 15 / クリエン / レッドブル・フェラーリ / M / 1'15"476 / + 0'01"653 / 19
13 / 16 / ハイドフェルド / BMW・ザウバー / M / 1'15"591 / + 0'01"768 / 20
14 / 18 / モンテイロ / ミッドランド・トヨタ / B / 1'15"809 / + 0'01"986 / 26
15 / 19 / アルバース / ミッドランド・トヨタ / B / 1'16"066 / + 0'02"243 / 26
16 / 20 / リウッツィ / トロ・ロッソ・コスワース / M / 1'16"147 / + 0'02"324 / 27
17 / 21 / スピード / トロ・ロッソ・コスワース / M / 1'16"201 / + 0'02"378 / 21
18 / 17 / ビルヌーブ / BMW・ザウバー / M / 1'16"285 / + 0'02"462 / 27
19 / 8 / トゥルーリ / トヨタ / B / 1'16"456 / + 0'02"633 / 24
20 / 22 / 佐藤琢磨 / スーパー・アグリ・ホンダ / B / 1'17"148 / + 0'03"325 / 24
21 / 7 / R・シューマッハ / トヨタ / B / 1'17"860 / + 0'04"037 / 21
22 / 23 / モンタニー / スーパー・アグリ・ホンダ / B / 1'17"934 / + 0'04"111 / 21
【2006.05.28】 Free Practice
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第7戦モナコGP フリー走行初日
06monaco1
モナコ用スペシャルレーシングスーツのミハエル

今年も華やかなモナコGPが始まりました。
中でもレッドブルのモーターホームの華やかさが目を引いているようです。

さて、フリー走行初日はやはりクラッシュがあったようです。
3度の赤旗中断とトラフィックの中、各車セットアップに向けて走りこみました。
いつもどおりサードドライバーがどんどん周回を重ねてタイムを出す中、上位チームもまずまずのところにつけています。
今回はやはり速いクルマと遅いクルマのタイム差が小さいようです。
アグリチームもがんばればミッドランドを今回こそ捕らえられるかな?
琢磨のセクター1のタイムが悪く、今回はモンタニーに遅れをとっています。
あさってはがんばって欲しいものです。

★フリー走行初日の1回目、2回目の結果は下の「▽Open more.」で!





[★続きを読む...]
【2006.05.26】 Free Practice
TRACKBACK(1) // COMMENT(2) []
いつものポジコメ?
monsena
今週はいよいよモナコGP。
華やかで優雅な雰囲気の中で行われる、シーズンの中でも一味違ったグランプリだ。
ここでの優勝は特別とされており、モナコでの勝利は他のレース5勝分に値するとまで言われている。

ボクも個人的に楽しみなグランプリの一つで、今から楽しみにしている。

[★続きを読む...]
【2006.05.21】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
停滞するホンダ
今季(も?)ホンダが苦しんでいる要因はいくつかある。
戦略の問題なんかもあったりするが、その原因となっているのはやはりタイヤの問題である。
いいマシンを持っていてもタイヤを上手く使えない、一番おいしい状態に持って行くことができないのだから戦略も難しくなってくる。
おいしい状態というのは、タイヤが最高のパフォーマンスを発揮する温度域にある状態というのは言うまでも無いのだが、ホンダのマシンは温まらない「冷え性」なのだ...。
すばらしいアスリートでも、自分にあった良いシューズを履きこなすことができないと最高のパフォーマンスが発揮できないといったところだろうか。
現代のF1はタイヤを使いこなせるクルマ作りが必要だ。
メカニカルグリップに加え、エアロダイナミクスが大きな要素となっている。
現在FIAよりエンジン開発凍結の方向性が出ているが、風洞使用の規制をしたほうがよっぽどコストダウンやスピードの抑制につながるのではと思ったりもする(無責任ながら実際どうやるかは別として...)。



F1 Kinder Garten にホンダがタイヤを使いこなせないで苦しんでいるという内容が掲載されている。
原因や方向性は掴めてきたような記述になっているが、開幕から改善されているようには見えない。
かなり深刻な問題のようである。
やっぱり根本から作り直さないとだめか?

昨日の記事のように本当にアグリチームが3秒も速くなったらやられちゃいます...。



【2006.05.19】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
スーパーアグリ、フランスGPから3強入り?
aguri
フランスGPより新車投入が目処が立ってきたスーパーアグリだが、この件に関する最新の鈴木代表のインタビューがF1 Kinder Gartenに掲載されている。

◎新しいマシンのポテンシャルは?
亜久里 今のマシンはエンジンとドライブシャフトの関係が通常より15mm以上もオフセットされていて、エンジンの重心位置が高い。これを解消するだけでも1.5秒は速くなるはず。セットアップしていくことで、3.5秒以上は速いマシンが出来るものと思っている。






3.5秒速くなる! ちょっとこれは言い過ぎでは?
スペインGP予選の結果から考えると、フェラーリのマッサとセカンドロー争いですよ!
サポートを約束してくれているホンダを超えちゃいます。
さすがの楽観コメント男のニック・フライも渋りますよ。
某雑誌ではホンダのサポートが当初思ったより得られていないというような記事も読んだことがあります。
でも、ホンダ製シームレスギアボックスは搭載できるのですね。
それだけでもコンマ4秒違うと言われていますから、ほんとにアグリチームが早くなるとホンダも複雑でしょうか?

何もかも裏目に出ている?ホンダです...。










【2006.05.18】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(4) []
第6戦スペインGP 決勝
■アロンソ母国グランプリを勝利で飾る!
   琢磨完走、やったぜ完走フィーゲット!

フェラーリの完全復活の見極めと、これからのシーズン展開を占う上で注目のスペインGPが終了した。

スタートはルノー勢がいつも通り良いスタートを切り、ミハエルはフィジケラを出し抜くことができず。
ならば早くフィジケラを料理して、アロンソについていきたいミハエルだが...。



予選まで好調で、余裕すらうかがえたフェラーリ陣営だったが、いざスタートしてみると全くペースが上がらない!?
ミハエルはフィジケラについていくのも厳しい状況。
一方アロンソはラップ毎にスピードをぐんぐん上げ、どんどん逃げていく。
第1スティント終了時点でもう勝負は見えた...。
結果論だがポールを獲っておくべきだったかな?

フェラーリに何が起こったのか?
マシン自体にはトラブルはなかったよう。
やはり路面の状況か?
決勝は路面温度がかなり上昇したようだ。
今回ハードタイヤが予選までは上手く機能したようだが、路面温度が上がった決勝では状況が異なったのか。

いずれにせよ、ルノーのマシンはいかなる状況でも速いというのがいまさらながらよくわかった。
また、アロンソもつまらないミスをせず、きっちり結果を出す。
強力なタッグだ。
優勝と2位のポイント差が少ない今のレギュレーションでは、ミハエルが追いつき追い越すのが困難だ。

とりあえず予選まで順調だったフェラーリ、ボク的にはとりあえず「ほぼ完全復活?」ということにしておこうか...。



さて、来季アロンソの移籍先であるマクラーレン。
今回もひどいレースでした。
重?い燃料積んでがんばったものの、意味があったのかどうか?
予選で燃料積み忘れという災難にあったモントーヤは序盤でスピンアウト。
マシンが重かったと不平不満たらたらのよう。
ライコネン重くて予選9位からスタートして決勝は大きく離された5位フィニッシュ。
ラップタイム的にはたいしたことはなかった。
ルノーが正式に2012年まで参戦を発表したが、アロンソは将来の選択を誤ったか...。
それともフラビオおじさんが嫌いなだけ?

ホンダもさえない一戦だった。
とりわけここに書く内容もない...。

アグリチームは琢磨が久しぶりの完走。
貴重なる完走フィーをチームにもたらした。
モンタニーは残念ながらリタイヤ。
しかし朗報がひとつ!
フランスGPかの新車投入はどうやら大丈夫そうとのこと
それまでは我慢の走りだ。

さて、次戦はモナコGP。
ここではポールが絶対条件。
ルノー対フェラーリの激しいポール争いが見られるかもしれない。
また、ここではコース特性の違いからダークホースが現れるかもしれない。
今から華やかなモナコが楽しみです!

★スペインGP決勝順位は下の▽Open more. で!




[★続きを読む...]
【2006.05.15】 Final
TRACKBACK(4) // COMMENT(1) []
第6戦スペインGP 公式予選
スペインGP公式予選が終了しました。
母国グランプリにて、アロンソが見事PPを獲得!
フロントローにルノー勢、セカンドローにフェラーリ勢が並ぶ!
まさに  VS  の構図となった!



午前のフリー走行では圧倒的な速さを見せたミハエルだったが、一転アロンソがコンマ3秒の差をつけてポールを獲得した。

アロンソ&ルノー陣営、今回はどうしてもポールを獲りたかったのだろう。
最終ピリオドはピットレーン出口を一番に陣取り出て行った。
また、無線のやり取りでも燃料を消費するよう指示が出ていた。
そして予選最終ピリオドでタイムを更新したのはルノー勢のみ。
他チームと比べて燃料搭載量が少ないのは間違いないか。

対するフェラーリ陣営、PPは逃すも少し余裕ありか?
今回も速さは十分にあると見られる。
またチョイスしたBSタイヤも若干固めながら一発の速さ、ロングランのパフォーマンスは良好。
スタートからついて行き、おそらく今回も先にピットに入るであろうアロンソを見届けてスパートをかければニュルの再現は難しくない。

しかし、今回はひとつ異なったシチュエーションがある。
そう、フィジケラが今回はきっちり仕事をして、2番手としてアロンソとミハエルの間に割って入っているのだ。
フィジケラがミハエルを抑えてアロンソを逃がしてしまう展開になるとフェラーリは厳しくなる。
しかし、最近はフェラーリのスタートもそう悪くないようだし、3番手ミハエルは路面がクリーンな側だけに、スタートダッシュでフィジケラをパスすることもそう難しくないかもしれない。
まずスタートが大きなポイントとなることだろう。

ホンダ勢はバリチェロが5番手、バトンは8番手。
タイムからある程度積んでいるのか?
第7ターンのスピードが表示されていたが、ホンダ勢のスピードはトップだでかなり速い。
ダウンフォースをつけているのだろう。
また、ニュータイヤ装着時にはギリギリまで(タイヤを装着してジャッキを降ろす直前まで)タイヤウォーマーを装着していた。
やはりタイヤウォーミングに気を遣っているようだ。
逆にフェラーリはストレートのトップスピードが抜群に早い様子。

マクラーレンはモントーやが第2ピリオドでノックアウト!
エンジンセーブか何か知らないが、もう少し走ってセッティングを煮詰めたかったところ。アンダーで苦しんでいた様子。
昨年の覇者ライコネンも今ひとつのタイム。
今回も多めかもしれないが、セッション一貫して速さがあるとは言い難かった。
タイヤ交換OKとなった今季、マクラーレンは戦い方を誤っているのか?
昨年のスタイルから脱却しないとトップ争いには加われないような気がする。

さて、我らがスーパーアグリ&琢磨だが、予選でアルバースを食ってくれることを期待したものの、いつもの定位置となった。
(あっ、でもクルサードがノータイムで20番手か)
まぁ、決勝をにらんだ作戦というものもあるだろう。
明日の走りを見守りたいところ。

明日の決勝も楽しみです!

そうそう、フジテレビ721の記者会見の通訳のお姉さん代わった?
前の人よりよっぽど聞きやすいです。
このまま固定してほしいですね。
いっそFM東京の七尾藍佳にやらせてはどうか?

スペインGP公式予選結果は下の続きからどうぞ!




[★続きを読む...]
【2006.05.14】 Qualify
TRACKBACK(4) // COMMENT(2) []
第6戦スペインGP フリー走行2日目



フリー走行2日目終了しました。

ミハエル&フェラーリ、予選に向けての仕上がりはまずまずのようです。
未だ余力を残してのトップタイムのように見えました。
また、BSタイヤも良いパフォーマンスを見せているようです。
タイヤのもちが良いようで、2周連続タイムアタック行けそうです。
今年の予選ではトラフィックも大きなファクターとなっているので、これは大きなアドバンテージになるかもしれません。
一発目に遅いクルマにひかかっても、続けてもう一周アタックできるということになりますから。

一方地元GPのアロンソ、8番手に沈んでいる。
ちょこちょこミスが見られたが、大きな声援に気負いが見られたのか?
それとも手の内を見せないようにしているのか?
フィジケラが2番手につけているだけに、ルノーもまずまずと見ていいのだろう。

さて、期待の琢磨ですが、20番手とアルバースを上回りました。
同僚モンテイロにも1秒半近く差を付けています。
以前のバルセロナテストでのタイムも上回りました。
前戦のようなトップスピードが伸びない状況も出ず、パワステ、無線もなかなかのようです。
このまま予選でもアルバースの前に出て欲しいものです。

一方ホンダはどうなのでしょう?
4月のテストではここで速いタイムを出していたはずなのですが、今日のフリー走行ではあまり目立っていません。
一発の速さはあると思うのですが、いったいどういう作戦で来るのでしょう?

トヨタもテストではトゥルーリがとても良いタイムを出していたのですが、下位に沈んでいます。

最後にマクラーレン、あまり周回数を重ねていません。
去年はライコネンが圧倒的な速さで優勝しました。
自信があるのか、エンジンに不安があって温存しているのか?
メルセデスエンジンはまだ信頼性に自信が持てないのか。
30馬力アップしたということらしいが、高回転を長く維持することにおいて他のエンジンに劣っているらしい。

さあ、これから始まる予選、非常に楽しみです!

[★続きを読む...]
【2006.05.13】 Free Practice
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第6戦スペインGP フリー走行初日
sp1
早いもので開幕からもう6戦目のスペインGPが始まった。
ここは昨年王者アロンソのホームグランプリ。
ここで一発、前戦で自らのホームグランプリを勝利した2連勝中のミハエルにぜひともリベンジをしたいところであろう。

地元ファンの熱狂的な声援を受け、アロンソも自然と力が入る!
(ピットレーンでのスピード違反で罰金を言い渡されたらしい...)

さて、フリー走行初日ではホンダが速さを見せた。
ここは以前から得意としているコースだけに、ある程度予想はついていた。
また、予選までは早いホンダである。
基本的にレースペースは悪くなさそうだが、苦手のタイヤチョイスが問題となろう。
はたして予選ではどうでるのか?
前を狙っていくか?
軽めでポールを獲ってもいつもどおりスタートでルノーにやられちゃ意味がない。
スタートダッシュがよろしくない、タイヤの温まりもよろしくないホンダのマシンだけに、作戦の立て方が難しい...。

明日のフリー走行は予選をにらんだ走りになるが、フェラーリが出てくるのだろうか?
今回もアロンソはポールを狙うのか、それとも燃料積んで後方から攻めるのか?
最近の展開では先にピットインしたほうが不利な展開になっている。
結構燃料の搭載が悩ましいところか。

高速コーナーが多く、またタイヤに厳しいバルセロナ、クルマの出来の違いが明確に現れてくるのではないかと思われる。
今後の展開が占われる一戦ともなりそうだ。
ボク的にはここの戦いの結果でフェラーリの「完全復活」が検証されるものと思うので、非常に興味深い一戦です。

そうそう興味深いといえば、スーパーアグリチームの新スポンサー?でしょうね、車体横(コクピットの少し前辺り)に「アデランス」のロゴが入ってます!!(貴重なスポンサーですが、ちょっと複雑な心境...)

[★続きを読む...]
【2006.05.13】 Free Practice
TRACKBACK(1) // COMMENT(2) []
欲しいよ「完走フィー」
「完走フィー」って知ってました?
けっしてレイザーラモンの新ギャグではありません。

片山右京 F1 Blogに出てくるんですよ、「完走フィー」ってやつが!

何のことはない、完走したチームに支払われるお金のようだ。
1台につき約1000万円もらえるらしい!
きっちり完走してレースを盛り上げてくれたことに対する報奨金のようなものだろうか?

スーパーアグリチームにとって、開幕からの連続完走は大きな収入源になったに違いない。
それがここ2戦は2台揃ってリタイア。
喉から手が出るほど欲しいところだろう。

新車投入までもうしばらく。
それまでは正念場だ。
とにかく信頼性を確保して、右京さんの言うようにデータと資金をゲットして欲しいところだ。
【2006.05.09】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(4) []
第5戦ヨーロッパGP 決勝
eu

ミハエル&フェラーリ連勝!

前回のイモラに続き、ミハエル&フェラーリが見事な勝利を収めた。
イモラの勝利だけでは「復活」と判断するにはまだ自身が持てなかったが、この連勝で確信めいてきた。
しかし、「完全復活」と判断するには次戦スペインGPの結果を見なければならないだろう。
川井ちゃん曰く、スペインはハイスピードコーナーがあり、タイヤ的にも非常につらいサーキットであるという意味で、クルマのパフォーマンスが問われるサーキットだそうな。
ここで速いとこれから先のサーキットでも速い、今後を占う意味で非常に興味深い一戦になるとのこと。
ここでフェラーリがルノーと対等に戦えれば「完全復活」といっても良いのではないだろうか!

今回燃料をルノーが多く積んでいたと見られていたが、特別多く積んでいたわけではなかった。
予選はアロンソのスーパーラップであった。
また、予選ではミハエルも多少ミスを犯したらしい。
1回目のピットストップは1周違いでアロンソが先に行った。
ミハエルがプッシュするも少し届かず。
しかし、2回目はすごかった!
アロンソがピットインすると、ミハエルは予選モードで見事なファーステストラップを刻む。
ここ一番の集中力と、ミスなくきちんと行える実行力がやはりワールドチャンプたる所以か!
この男、まだまだやれる!
アロンソはアウトラップに今ひとつスピードがない。
ミハエルは更に速いタイムで引っ張る。
そして、給油後のアウトラップも速い!
もひとつすごいのがフェラーリのピットワーク。
これだけでアロンソにマイナス2秒だ!
給油量が多少少ないにしてもすごい早業!
アロンソはピット後アンダー気味でパフォーマンスが今ひとつか?
どうやら2位確保&エンジン温存に作戦を変えた模様。

フェラーリ&ミハエルが元気だとやはりグランプリは面白くなってくる。
次戦スペインでもフェラーリがルノーと対等に競ってくれることを祈りたい。

さて、日本勢だが、ホンダはやはりタイヤチョイスをまたしくじった?
バトンはエンジンブロー、バリチェロは5位入ったものの4位のキミとのギャップは1分以上といいとこなし。
次回スペインではバージョンアップしたエンジンと新しい空力パーツが投入されるらしいが、川井ちゃん曰く「冷え性」のホンダ車には暑さが欲しいところか。
スーパーアグリも開幕からの完走続きが嘘のように今回もそろってリタイヤ。
新車投入までの正念場か?
なんとかがんばって欲しい。

そうそう、マクラーレンは終盤速かったぞ。
軽いと速い?
今年のマクラーレン、なんとなく掴みどころのない存在だが、巻き返してきそうな雰囲気は十分にある。

結果は以下↓からどうぞ!

[★続きを読む...]
【2006.05.08】 Final
TRACKBACK(8) // COMMENT(10) []
第5戦ヨーロッパGP 公式予選
ma

今回フェラーリとルノーは作戦がいつもと違うのか?
フェラーリが燃料多め?なのか、ルノーが少なめ?なのか....
いずれにしてもルノーの方が燃料搭載量は少な目と見られている。

アロンソ側は予選前からポール獲得に意欲を見せる発言をしていたようだが、イモラでの敗北が大きく影響しているのか?
昨年までのパターンなら、抜群のスタートダッシュ&安定して早いレースペースのルノーが一人旅といった感じであったろうが、今回はブリヂストンが安定したレースペースを持っているのがフリー走行から確認されていることと、ミシュランは少し硬すぎでは?ということで、決勝はアロンソとミハエルの一騎打ちが予想される。

今回はミハエルがアロンソを追いまわしてチャンスを探るのか?
そのままイモラの逆パターンでアロンソがミハエルを抑えきるのか?
結構楽しみな展開になってきました。
序盤からアロンソがどんどん逃げ切っちゃう展開だけにはなって欲しくないものです。

あと、連続で予選失敗したフィジケラが心配です。
フラビオおじさんのイジメが始まらないかなと。
でも、チームとしてのミスもあるみたいだし、大丈夫かな。
がんばれフィジコ!(別にファンじゃないけど...。)
このままじゃいつまでたってもフェラーリからお声はかからないぞ!

公式予選結果は下の ▽Open more.  より

[★続きを読む...]
【2006.05.07】 Qualify
TRACKBACK(3) // COMMENT(4) []
第5戦ヨーロッパGP フリー走行2日目
フリー走行2日目、フェラーリ勢好調。
イモラのような展開。
フロントローを獲得して逃げ切り作戦?

あら?、琢磨モンタニーにやられちゃいましたね...。

いずれにしても、まだフリー走行ですが。
予選は面白くなりそうです!

[★続きを読む...]
【2006.05.06】 Free Practice
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第5戦ヨーロッパGP フリー走行初日 2回目
フリー走行のデータから、各チームのセッティングは様々のようだ。(F1 Kinder Garten)
トップスピード重視と見られるフェラーリ、ホンダはタイヤウォームアップの関係でダウンフォース重視のセッティングなのか、フェラーリより約10km/hもトップスピードが遅いようだ。
明日はいよいよ予選をにらんだセッティングとなるが、昨年同様ルノーが一歩リードしているような気がする。

フリー走行2回目の結果は下の▽Open more. より


[★続きを読む...]
【2006.05.05】 Free Practice
TRACKBACK(0) // COMMENT(4) []
第5戦ヨーロッパGP フリー走行初日 1回目
2005年F1世界選手権第5戦ヨーロッパGPがドイツのニュルブルクリンクにおいて開幕した。

さて、ヨーロッパGPよりサードカーを走らせる予定であったアグリチームだが、急遽プレスリリースを出し、井出有治からフランク・モンタニーに正ドライバーを変更することを発表した。
   SUPER AGURI F1 TEAM
この件については、他のドライバーは妥当との厳しい発言も見られるようだ(1-800-F1 News)。
ところで、そのモンタニーの走りはいかがなものだったのか?

また、気温の低さが懸念されていたニュルブルクリンクだが、意外に暖かい様子。
これがホンダに吉と出るか?
各チームのタイヤチョイスも気になるところ!
(ちなみに昨年のホンダは大失敗でした...)

フリー走行初日1回目の結果は下の▽Open more. からどうぞ!

[★続きを読む...]
【2006.05.05】 Free Practice
TRACKBACK(0) // COMMENT(1) []
☆今日の日替わりメニュー

+++ いらっしゃいませ!本日の日替わりメニューです!+++


 *今度こそタイヤウォムアップの問題は解決? (F1 Racing.jp)
 *かっこいいぞHNDAのCM! (HONDA)
 *ホンダチーム 第5戦 ヨーロッパGPプレビュー (HONDA)
 *アグリチーム 第5戦 ヨーロッパGPプレビュー (SAF1)



[★続きを読む...]
【2006.05.03】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
| BLOG TOP |
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。