F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
FIA、2008年よりトラクションコントロールの禁止を発表
今週開催されたFIAの評議会において、トラクションコントロールシステム(TCS)の禁止が決定した。
その内容は以下の通りとなっている。

スピンの防止や、スロットルに対するドライバーの過度の要求を補正することを目的としたシステムや装置を装備してはならない

ホイールスピンの発生をドライバーに知らせる全ての装置やシステムを禁止する


TCSは過去に一度禁止され,2001年から解禁された経緯があるが,このたび再び禁止されることになったのは、来季よりECUが標準化されることに起因するようだ。

2001年に解禁となったのは、TCS搭載を厳密に取り締まることが不可能と判断されたためであったが、前述のとおりECUが標準化されれば、その取締りは容易に可能となる。

今年こそライブタイミングを見ながらスカパーでリアルタイムF1観戦をしよう!
スカパーおまかせ0円プラン!


商品点数は1万点以上!取り付けもお任せください!ドライバーズネット


F1グッズショッピング

スポンサーサイト
【2007.03.31】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第1戦オーストラリアGP 決勝
ライコネンがポール・トゥ・ウィンで開幕戦を制す!
 ●オーストラリアGP決勝結果

フェラーリのライコネンはスタートから安定した速さを見せ、7位以下を周回遅れにするなど危なげなくポール・トゥ・ウィンを決めた。
ライコネンのフェラーリ移籍後いきなりの初勝利は、2005年日本GP以来の勝利であった。

一方、予選でギアボックストラブルに泣かされたチームメイトのマッサは、エンジン交換を行って最後尾からのスタートとなった。
1ストップ作戦での追い上げの結果は6位で、5位フィジケラにはあと一歩届かなかった。
(フィジケラはここでやられていたらヤバいことになっていたかも...)
序盤、ホンダ勢に長く付き合わされていなかったらもう少し上位に入れただろう。

マクラーレンは中盤までハミルトンがアロンソより先行していたが、最後のピットストップで逆転。
終盤、ハミルトンのペースが上がらなかったことが気になるが、アロンソに続いてきっちりと表彰台に上がったのはたいしたものだ!
テストの時にはフェラーリに水をあけられた感が強かったが、ギャップを縮めてきたように感じた。
フェラーリもうかうかはしていられないだろう。

BMWも速さを見せたが、クビサがトラブルでリタイヤ。
トラブルなければ、おそらく4位、5位をキープしただろう。

ルノーはフィジケラ、コバライネン共に精彩を欠いた走りだったように感じた。
特にコバライネンはミスが多そうだ。

ホンダはバトンが大ブレーキ。
バリチェロも長い間マッサと共に付き合っていた。
バリチェロは前に出ると2秒近く早かった。
バトンは相変わらず譲らないやつだ...。
結局バトンはペナルティ食らったりと散々。
バリチェロは我慢のかいあって、最終的にはアグリチームの前に出て面目を保った。

スーパーアグリチームは、アンソニーがスタートを失敗。
最後尾からの追い上げとなった。
また、不運なことに接触もあり、それ以降ペースが上がることはなかった...。

一方の琢磨は健闘。
12位ではあったものの、見事完走!
しかも、8位ラルフからは12秒遅れとCS解説人の評価は高かった。
ぶっつけ本番でここまでいけば、今後も期待できるか。


F1グッズョッピング



【2007.03.18】 Final
TRACKBACK(3) // COMMENT(2) []
第1戦オーストラリアGP 公式予選
2007年F1第1戦オーストラリアGPの予選が終了した。

サプライズはフリー走行から好調のスーパーアグリチームの更なる活躍だ!
2台そろってQ2へ進出し、そしてなんと、琢磨がQ3まで進んだのだ!
Q2からQ3のインターバルの映像を見ると、アグリチームはQ3進出を予想していなかったらしく、あわただしく準備している様子がうかがえた。

ホンダはバリチェロがQ2進出ならず、バトンはQ2進出がやっとでQ3には進めずと、予想はしていたもののさんざんたる結果となった。
あのスムーズなドライビングが売りのバトンでさえ、オンボードカメラの映像を見るとステアリングの修正で忙しそうであった。
クルマのできがやはり厳しい...。

さて、予選上位であるが、マッサがギアボックスの不調によりQ2で脱落した以外は順当か。
フェラーリ、マクラーレン、そしてBMW。
ハイドフェルドがマクラーレンの2台に割って入り、ハミルトンの前につけた。
ハミルトンは初めての予選だけに、Q3は少し戸惑いがあったのか...。

検討したのは7位につけたレッドブルのMウェバー。
チームメイトのDクルサードはQ1で姿を消したのを考えるとがんばっている。
地元だけに本人も嬉しいだろう。

また、テストで絶不調だったトヨタも健闘し、8,9位につけている。

予選終了後にスパイカーがスーパー・アグリへの抗議書をFIAに提出したようだが、受理されなかった模様。


F1グッズョッピング


 【公式予選】
  ●Q1レポート   ●Q2レポート   ●Q3レポート   ●タイムシート

  ●佐藤琢磨予選後インタビュー   ●ホンダ、SAF1予選後コメント


【2007.03.17】 Qualify
TRACKBACK(4) // COMMENT(0) []
2007年F1グランプリ開幕!
2007年F1グランプリがついに開幕した!

初戦はメルボルンのオーストラリアGP。
アースカラーで初走行のホンダ、メルボルンでぶっつけ本番のアグリチームにおいては明暗が分かれた初日となった。

ホンダのニューマシンのポテンシャルはイマイチなのはテスト中でわかっていたが、ホントにアグリチームにやられるとは...。
予選も最終ピリオドに残るのもかなり厳しそうだ。

一方のアグリチームはシェイクダウンが初日フリー走行だったわりにはトラブルもなく、しかもタイム的にも上場の滑り出しとなった!
琢磨、アンソニー両ドライバーのコメントも明るい。

さて、フェラーリの圧倒的優位がテスト後半から言われていたが、ふたを開けてみるとルノーのロングランのパフォーマンスがかなりいいらしい。

さて、明日の予選はどうなるのか?

 ●フリー走行1回目レポート&結果
 ●フリー走行2回目レポート&結果

 ■Honda Racing F1 Team & SUPER AGURI F1 TEAM フリー走行後コメント
【2007.03.17】 Free Practice
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。