F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
第9戦イギリスGP 公式予選
07Rnd9-01

ハミルトン、母国GPでポール獲得!

フリー走行からフェラーリ、マクラーレンの2強が異次元の走りであったが、その中でハミルトンが出遅れている感があった。
しかし、公式予選では最終アタックでトップタイムをたたき出し、初の母国GPにおいて見事にポールポジションを獲得した。

Q2とQ3タイム差がハミルトンがコンマ5秒に対し、アロンソは約1秒近くがあるが、アロンソの方は燃料をかなり積んでいるのか?

フリー走行から調子のよかったキミだが、最終のアタックの最終コーナーで少しワイドになるという痛恨のミス。
コンマ1秒でハミルトンにポールを譲ってしまった。

ホンダはやはり一発のタイムが出ない。
イエローフラッグにも邪魔され、バトンはQ1でノックアウト。
バリチェロもQ2進出がやっとだ。

アグリチームも厳しい状況。
アンソニーがフリー走行にてまずまずの速さを見せて期待されたが、アンソニーは大渋滞にひかかった上、イエローフラッグの原因となる意味不明?のコースアウト。
そのとばっちりを食らったのが琢磨。
イエローフラッグでアタックを諦めざるを得なくなった。
しかしながら、琢磨のマシンはフリー走行から原因不明の深刻なグリップ不足に悩まされていた。
Tカーに乗り換えようかというくらい不可解な状況のようだ。

決勝では少し軽めにみえるハミルトンが先行逃げ切りができるかどうか、注目したい。

 ・公式予選リザルト&レポート
 ・ホンダプレスリリース
 ・SAF1プレスリリース
 ・中本ホンダSTDインタビュー
 ・佐藤琢磨インタビュー
スポンサーサイト



【2007.07.08】 Qualify
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2