F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
第15戦日本GP 公式予選
HNDM

日本GP予選 ハミルトンがPPゲット!

・公式予選タイム

・公式予選最高速データ


【公式予選後インタビュー】
・メカニカルグリップには自信あり(ホンダ中本STD)

・タイヤに熱が入らなかった(SAF1佐藤琢磨)


【公式予選後プレスリリース】
・Honda Racing F1 Team

・SUPER AGURI F1 TEAM



★F1グッズを探すならクリック!



スポンサーサイト
【2007.09.29】 Qualify
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第15戦日本GP フリー走行2日目
フリー走行3回目 開始が30分延期、そして中断">フリー走行3回目 開始が30分延期、そして中断、中止

07jpn2


予選は大丈夫か?
安全面から救護用のヘリが飛ばないとマズイらしい。

これで決勝も雨なら間違いなく面白くなる!?

■FILAHonda Racing F1 メンズ チームフリース 2007 

【2007.09.29】 Free Practice
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第15戦日本GP フリー走行初日
07JPN01日本GP開幕!

・フリー走行1回目
・フリー走行2回目

・Honda Racing F1 Team コメント

・SUPER AGURI F1 TEAM コメント

・バトンは順調、バリチェロ不調は原因不明(中本STD)

・午前中のトラブルは残念(琢磨)


初日の結果を見たところ、前評判通りマクラーレンが速い。
しかしながらフェラーリのマッサのコメントは楽観的。
縁石を使わないサーキットではフェラーリの方が速いと言う説もある。
フリー走行2回目のライコネンの週回数はなぜ少ない?

 ■金子 博 レーシングオン カレンダー 2008 

川井ちゃんの話だとマクラーレン敵無しといったところ。
しかし、雨になればかなりおもしろい展開になりそう。
決勝を雨と読み、セクター3に合わせてダウンフォースをつけてくるチームに有利。

 ■佐藤琢磨 カレンダー 2008

このサーキットはドライバーによってライン取りが違うらしい。(左近談)
決勝では混乱の可能性も?
セクター3は走り方によってアンダーになったりオーバーになったりと難しいとのこと。(左近談)

 ■Honda Racing F1 ドライバーキャップ 2007/J.バトン 

で、もう一つ難しいのがピットレーン入り口らしい。
300km/h近い高速で入ってきてクランクを170km/hで切り抜けていくらしい。
 ■スーパーアグリF1チーム カレンダー 2008 

胸のすくような直線のオーバーテイクもいいが、今回は雨による波乱の展開を期待したい。
ホンダ、アグリチームがんばれ!!









【2007.09.28】 Free Practice
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
ホンダ、新設計ウィングをテスト
ヘレスにおいて、18日より3日間にわたるテストが始まった。

初日のタイムは以下のとおり。

1 GLOCK BMW 1.20.606 71
2 LIUZZI Toro Rosso 1.21.280 90
3 BUEMI Red Bull Racing 1.21.309 59
4 MONTAGNY Toyota 1.21.555 72
5 DE LA ROSA McLaren 1.21.651 46
6 PIQUET Renault 1.22.009 63
7 BARRICHELLO Honda 1.22.020 79
8 NAKAJIMA Williams 1.23.177 87
9 BADOER Ferrari 1.23.432 38

■Honda Racing F1 チームTシャツ 2007 

そのテストにおいてホンダは新しいフロントウィングにトライした。

hnd1

これは既にマクラーレン等のチームが導入しているブリッジタイプのもので、今回のテストでその有効性が認められれば次戦の日本GPで実戦投入されることとなる。

■Honda Racing F1 ドライバーキャップ 2007/J.バトン 


■Honda Racing F1 ドライバーキャップ 2007/R.バリチェロ 


■Honda Racing F1 チームキャップ 2007 


■FILAHonda Racing F1 メンズ チームフリース 2007 


■ホンダ レーシング Hマーク コードバンキーホルダー 


■Honda Racing F1 レディース・チームシャツ 2007 


■FILAHonda Racing F1 メンズ・チームシャツ 2007 



【2007.09.19】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
第14戦ベルギーGP 決勝
asd


 ベルギーGP決勝リザルト
 ライコネン完勝!2番手マッサ、2番手アロンソ

予想通りフェラーリが完勝!
今季は信頼性に今ひとつ不安があるフェラーリだが、トラブルがなければこの1?2フィニッシュは十分予想できた結果であった。

そして、予想通りスタート直後のアロンソとハミルトンの激しいバトル!
マクラーレンのコンストラクターズ選手権の資格がなくなった以上、チームからの制約は何もない。
貪欲なまでの2人の戦いは容易に予想できた。

しかし、見た感じちょっとアロンソは強引だったか。
ハミルトンが不満なのもわかる。
だが、ハミルトンも押し出されながらもアクセルを緩めることなくコース復帰し、アロンソとサイドバイサイドでよくオウルージュへとアプローチしたものだ。

が、結局は譲ってしまったハミルトン、アロンソの執念と気迫に負けた形となった。
非常に期待を裏切らない見ごたえのあるスタートだった。

■Honda Racing F1 ドライバーキャップ 2007/R.バリチェロ 

今回はオーバーテイクも結構見られ、見ごたえのあるレースだった。
本当に見ていて楽しかった。

すっきりしたのは琢磨がバトンをオーバーテイクしたシーン!
いやいやすばらしかったです。

ベルギーといえば2年前にバトンがどんでん返しでBAR残留となり、琢磨がシートを失うことが発表された場所。
残留が決まったあの時、バトンは今年のようなことは予想だにしなかったであろう。

とはいえ、ボクはやはりホンダファンである。
来季はこの屈辱的状況からなんとしても脱して欲しいと切に願うものである。

■Honda Racing F1 チームTシャツ 2007 

次はいよいよ日本GP。
富士ではどんな盛り上がりを見せるのか?
トヨタのホームというのがホンダ党のボクからすれば少しおもしろくないが、鈴鹿の復活も決まったことだしよしとするか。

しかし、長ーいストレートがとっても今年のホンダ向きじゃないのが残念。
やっぱり苦戦するのかなぁ。

■Honda Racing F1 / チームシャツ 2007 





【2007.09.18】 Final
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
テストで使用したSAF1のリアウィングが届かない理由(噂)
F1キンダーガーテンでの記事で気になっていたのだが、

 Q:テストで使ったウィングが使えないんですか?
 琢磨:深く聞かないでください(笑)。

なんとも歯切れの悪い回答。

しかし、その秘密がわかった。
(あくまでも噂だが、ほんとだろう)

あの男の陰謀だった!!

けんさわさんの「サーキット便り。」 2007 の最後にこの件が暴露されている。

憎フライ、やってくれますねぇ。
ドライバーを勝手に決めちゃった件といい、ホンダはどうなってるのか?
なぜ追い出せない?

まぁ、今季これだけ不振ならシーズン終了後に最高責任者は辞任すべきだろうけどね。
しないのか?
【2007.09.16】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(1) []
第14戦ベルギーGP 公式予選
07rnd14-1

ライコネンがポールポジション獲得!
フェラーリ今季初のフロントロー独占!


 ■公式予選結果:ベルギーGP予選

ベルギーGP開催直前にスパイ疑惑における厳しいペナルティが課せられたマクラーレン。
今季のコンストラクターズ選手権から除外となり、もはやコンストラクターとして参戦する意味はなくなってしまった。
また、課せられた罰金も1億ドルと大きいが、2年間出場停止の処分が課せられなかった分はるかにマシか。
出場停止となればスポンサーはいなくなってしまうであろう。

一方、チームのドライバーにはお咎めなしでドライバーズポイントには影響なし
とのことで、かろうじてシーズン終盤の楽しみは残った形だが、疑惑のチーム争いというのも少し興ざめか。
マッサの言い分
もわからないでもない。


F1グッズョッピング


さて、公式予選は大方の予想通りはフェラーリが早さを見せた。
しかしマクラーレンとの差はわずかである。

大きな違いといえば、フェラーリがセクター1、セクター3のタイムを稼ぐセッティング、すなわちトップスピード重視のセッティングであるのに対してマクラーレンはセクター2のコーナリング重視のセッティングに分かれたところか。
 >>>公式予選セクタータイム
久しぶりに雨のないスパとなりそうだが、もし雨が降るようなことがあればマクラーレンが断然有利となってしまうだろう。

その速さを見せたフェラーリで心配なことといえば信頼性であるが、最終アタック前のピット作業時にリヤエンドをチェックする映像が。
前回のマッサのリタイヤもリヤサスが原因だっただけに不安はぬぐえない。

かろうじてチャンピオン争いに残っているライコネンは、ここでリタイヤするようなことがあれば本当にチャンスは無いであろう。

決勝ではアロンソVSハミルトンが熾烈な戦いを繰り広げるのか?
チームはもはやコンストラクターズの選手権を失っただけに何のオーダーも出す必要はなくなっている。
おもしろくなりそうだ。

ところで来季が心配なお二方であるラルフとフィジケラであるが、今回もチームメイトに差をつけられている。
もはや絶望的か?
ルノーは富士で来季ドライバー発表とのアナウンスあり。
もしかしたらおなじく地元となる富士でトヨタの発表もあるかも。
次戦初開催の富士は二人にとっては複雑なGPとなりそうだ。

さて、前回復調の兆しを見せたホンダであるが、スパではいいところなし。
今回は一発の速さだけでなく、ロングランも駄目な様子。
さすがにこれではアグリチームがカスタマーシャシー使用を考えてしまうのも無理はない。
先日のスパのテストとはまったくフィーリングが違う様子。
予選では少しよくなってバトンがQ2まで行ったものの、かなり厳しい決勝となりそうだ。
 タイヤの使い方がレースのカギ−−ホンダ中本STD

一方のアグリチームもテストの時との違いに戸惑っている。
期待のリヤウィングも届かず、今回はかなり厳しそう。
しかし、チームは最大限の努力で最善をつくしている。
 チームの働きに感謝−−琢磨


F1グッズョッピング





【2007.09.16】 Qualify
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
第13戦イタリアGP 決勝
不甲斐ないフェラーリ、タイトルはもはや絶望的...

第13戦イタリアGP決勝リザルト

ご無沙汰しています。
かなりサボってしまいました。
仕事が忙しかったのもありますが、気力があれば更新できたはず。

そうです、今年のF1がつまらない(ボクだけ?)のが一番の要因かもしれません。

春先はアグリチームや琢磨の頑張り、新星ハミルトンの活躍などで盛り上がりました。
しかし、いつまで経ってもホンダがダメ、資金のないアグリチームも予想通りシーズンが進むにつれ厳しくなってきました。
(頑張りはすごく、健闘していますが!)
更にはハミルトンの頑張りさえもどうなの?というような疑問が...。

極端な話、良いマシンさえ手に入れれば、あるレベルのドライバーであれば誰でも早く走れちゃうんじゃないの?というような気持ちにさえなってきてしまう始末。
(当然そう簡単な話ではなく、ハミルトンがやはり優れたドライバーであるのは理解した上なのですがねぇ)

しかし、なんと言ってもフェラーリとそのドライバーが不甲斐ないのでは?

特にマシンの信頼性はひどく落ちてしまった。
圧倒的な強さを誇っていた当時は、3年間くらいノートラブルなんて時もあったような記憶があるが、今年はひどいもんだ!

いくら速いマシンであっても、再三マシントラブル起きてはチャンピオンシップはとても争えない。
昨年までのマクラーレンがまさにそうであった。

ドライバーにおいては、ライコネンが予想外。
マッサを差し置いてライコネン、ライコネンと騒ぎ立てられたわりには、少し冴えない実績ではないか?
(個人的にはジョーダン時代の琢磨に故意に幅寄せしてクラッシュさせたやなヤツというイメージが根強い)

今年もミハエルが走っていれば、きっと違った展開になっていると思えてならない。
マシンはマクラーレンのほうが上だろうが、ミハエルなら多少劣るマシンでもそれなりの戦い方ができるであろう。
最終的にはチャンピオンは難しいかもしれないが、きっと最後まで喰らいついていっているに違いないと考えるのはボクだけではないであろう。
(えっ、ボクだけ?:弱気)

ちょっと秋らしくなり、ミハエルを恋しく思う今日この頃である...。

更に、つまらないF1に追い討ちをかけるのがスパイ疑惑だ。

これも本当にがっかりだ...。
トップを行くチームに疑惑がかけられているのだからなおさらだ。
これでペナルティが下されてフェラーリがコンストラクターズのタイトルととるような事になればものすごくシラけてしまうのは間違いない。

しかし、この問題については再発防止のために徹底追及し、厳しい処罰を行ってもらいたい。
そうしないと今後の秩序は保てなくなるだろう。

更に個人的に言えば、マクラーレンのお家騒動もつまらん!
レースがつまらんからこっちの方が大きく取り上げられるのか?


まぁ、アロンソが意外に子供っぽいのもサプライズだった。
追われる側に立つと、精神的なプレッシャーもかかるのだろうが、人間はそういうときにこそ本質が現れるもの。
王者としての風格を示して欲しかったねぇ。

まぁ、ボクがドライバーだったらやはりお堅いマックと冷たいロンデニのチームには行きたくないかな。

最後に、最も個人的に今年のF1がつまらない理由としてホンダの低迷である!

あまりにもひどすぎる!
愛するがゆえに怒りも大きい!
あの立派な風洞は何だったんだ?!
税金返せ?っ!
いやいや税金じゃない、オレの買ったオデッセイの金の一部を返せ?っ!

て言うか、ニック・フライを追い出せ?っ!
あいつは何なんだ?

某F1誌によるとあいつは好き勝手にやってるらしいじゃないか。

今回の早期に行われた来期ドライバー発表もそうだ。
ニックが相談無しにバリチェロ残留を勝手に決めたらしい...。

ホンダエンジンのSAF1で活躍を見せている琢磨をなぜこのワークスチームに迎え入れないのか皆疑問に思っているらしいじゃないか。
これじゃチームもきっとまとまってないぞ!

ホンダのチームだろ?
何でアイツを最高責任者に置いておく?
アイツは何か握ってるのか?
何とかチームを取り戻そうとたくらんでるとの噂もあるらしい。

とにかくこんな屈辱的なホンダは見たくない。
あの美しいアースカラーのマシンがトップを走る姿を見たい!

これまた個人的な意見で申し訳ないが、もう来期のマシン開発に完全投入してくれ!
(あっ、日本GPがあったっけ!)

もう一度ハングリー精神とホンダスピリットで這い上がるしかない。
ここまで落ちたら恥ずかしいものは何もない。
なりふり構わず頑張って欲しい。

来期は着実にステップアップして、2009年には再度琢磨を迎え入れて、復活する鈴鹿で勝利を飾って欲しい!


【2007.09.11】 Final
TRACKBACK(1) // COMMENT(1) []
| BLOG TOP |
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。