F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
F1 Baton
samuppeさんの提案により、Agathaさんが具現化して廻り始めた”F1 Baton”samuppeさんよりやってまいりました。
F1 Baton
?PCに入れているF1容量・・・ならぬ、壁紙やスクリーンセイバーに使っているF1モノは?
?今愛用しているF1グッズや、チェックしている番組・雑誌・PCサイトなど
?最後に買ったF1グッズ
?特別な思い入れのある5人のドライバー
?バトンを渡す5人
?PCに入れているF1容量・・・ならぬ、壁紙やスクリーンセイバーに使っているF1モノは?
← BAR Honda F1.comよりDLしたアメリカGPでの琢磨のマシンを壁紙に使用。
スクリーンセイバーは現在使っていません。

?今愛用しているF1グッズや、チェックしている番組・雑誌・PCサイトなど
今もっぱら愛用しているのは、BARホンダ佐藤琢磨CAPです。
かなりのお気に入りです。
一つ持っておくべきですよ、これは。
同時にスプリングブルゾンも買いましたが、もはや暑くて着られません。
チェックしている番組はCSのフジテレビ721のF1関係の番組一通り。
雑誌はF1速報、F1グランプリ特集、F1 Racing等を立ち読み中心でチェックしてます。
琢磨活躍時、興味ある特集のときのみ購入です。
PCサイトはこのブログのサイドバーにリンクはってあるところです。

?最後に買ったF1グッズ
左上の画像にあるBARホンダ佐藤琢磨CAPとBARホンダスプリングブルゾンです。

?特別な思い入れのある5人のドライバー
●アイルトン・セナ
天賦の才能と努力によって際立つ速さを見せつけた男。
「セナのポケットには1/100秒が入っている...」といわれた彼の予選での速さは驚異的であり、本当に魅力的であった。
偉大なチャンプだが、時にはファンの大声援に涙する彼の姿はボクらの心を大きくひきつけた。
(ホンダ撤退のときにカメラの前で見せた涙もとても印象的でした...)
1990年、なかなか果たせなかった悲願の母国GP初勝利を署ルんだが、そのときのポディウムの光景を見て「男のロマン」を感じた。
彼は残り10数週を悲願達成のため、諦めることなく6速ギアのみで必死に走った。
ポディウムの頂点で国家を聴き、母国民から祝福を受けるセナを見て本当にうらやましかった。
1994年イモラで”伝説のドライバー”となった。
最速のままで逝ったところがセナらしいとも思った...。
●アラン・プロスト
セナの速さを本能的と例えるならば、プロストの速さは理性的というのだろうか。
”プロフェッサー”の異名をもつ彼の走りは、最終ラップではトップに立っているという計算された走りであった。
1990年のメキシコGPなんかは印象的であった。
好対照の二人の戦いはとても興味深く、黄金のセナ・プロ時代を築いた。
マルボロカラーのマクラーレンを駆るセナVS赤い跳ね馬フェラーリを駆るプロストの戦いが「ボクのF1」という感じである。
●佐藤琢磨
やはり彼は外せない。
ボクの「男のロマン」をかなえてくれる男がやっと現れた。
レースの世界へ入るのは遅かったが、短期間でF1のシートを得た事実は大きな可能性を秘めている。
早くポディウムの頂点に立ってボクを泣かしてくれ...。
●ミハエル・シューマッハ
デビュー当時の印象はあまりよくなかったが、すごい才能を発揮した!
これから先、これ以上の実績を残せる人は出てくるだろうか?
ここ一番に速さをきっちり出せる力はすごい。
ただ残念なのは、実力で十分戦えるのに、契約上ナンバーワン・ドライバーにこだわったりするところだ。
今年はおいといて、だめフェラーリを常勝フェラーリに変えたのもすごいことだ。
●ナイジェル・マンセル
ナイスキャラである。
喜怒哀楽の激しい、一番人間らしといえば人間らしい(気分屋?)マンちゃんであった。
”荒法師”の異名を持ち、黒旗無視してセナにぶつかってコースアウトさせたのは圧巻であった。
イマイチついてないことも多かったが、ウィリアムズの最高傑作マシンともいえる、リアクティブサスペンション&ルノー10搭載のFW14(だっけ?)を駆ったマンセルはめちゃくちゃ強かった。
1992年モナコGPでのセナとのラスト10ラップのテール・ツー・ノーズのバトルはすごかった。
レッドファイブのマンセルもセナ・プロに絡んでGPを盛り立ててくれた。

?バトンを渡す5人
ysykwdblog!さんとSONZさんKOさんkin_naka2000さんjun566 さん、よろしければお願いします。

スポンサーサイト

【2005.06.28】 未分類
TRACKBACK(1) // COMMENT(9) []
バトン、たしかに受け取りました~(^^)
時間かかるかもしれないけど、しばしお待ちをm(_ _)m
【06.28】 URL // yas #79D/WHSg [編集] []
yasさんと同じく、バトンを受け取りました。
ありがとうございます。
私も時間がかかるかもしれませんが、よろしくお願いします。
【06.29】 URL // jun566 #79D/WHSg [編集] []
同じくバトンうけとります。
内容は問題ないんですが、渡せる5人がいないかも~、(汗)
なにしろF1ネタは一人で勝手にほえてるだけでコミュニケーションとれてないんです・・・。
【06.29】 URL // KO #79D/WHSg [編集] []
ジェンスじゃないほうのバトン回してくださってありがとうございます~!
熱い文章に熱くなってきました!
セナさんの母国GP優勝の時、無線が入ってたのを覚えてます。
叫び声のような、泣き声のような、そんな場面ありましたよね?
私の記憶なのでかなり不安ですけど(^^;;
ギアが入らなくても走れたのはどうしてなのかって今になって気になります。
今のF1だと走れなくなってしまうんでしょうね。
【06.29】 URL // samuppe #79D/WHSg [編集] []
バトン、確かに受け取りました・・・渡す方が5人いません(T_T)
とりあえず、何とかせめて一人くらいには渡るようにしようかと思います。
今週末のフランスGPが楽しみです。
【06.29】 URL // 金の字 #79D/WHSg [編集] []
★yasさん、KOさん、金の字さん、jun566さん
バトンを受け取ってくださりありがとうございます。
渡す方は気にしないでくださいね。
止めちゃってもいいし、一人でも二人でもかまいません。
【06.29】 URL // comfortable3 #79D/WHSg [編集] []
★samuppeさん
セナの母国初優勝のときは無線が流れていました。
甲高い声でセナは叫んでいましたね。
ギアが入らなくてもピットストップがなければ走れるのでしょう。
しかし、低速コーナーではエンストしないよう気をつけないといけませんが...。
加速はしないし大変だったと思います。
シュー兄も過去に同じようなことがフランスGPであったと思います。
【06.29】 URL // comfortable3 #79D/WHSg [編集] []
マンセルはいいキャラでしたね・・今は廃刊の”F1GPRIX”という雑誌に載ってたマンガのマンセルがマリオみたいで(笑)好きでした。
あとは”ネルソン・ピケ”とか”ジル・ビルヌーヴ”とかも印象に残っているドライバーです。
でもやっぱりセナですが…
今でもあの青山のHONDAショールームに記帳しに行ったことが思い出されます。。
あの時…こうやってBLOGとかネットがあったらなぁ~と
ホント思います。
一杯、一杯セナの事が話したかったのに、回りにあまりF1ファンがいなかったので…
【07.01】 URL // saco #79D/WHSg [編集] []
★sacoさん
うわ~、F1GPRIX懐かしいです。
新玉線の池尻大橋駅で毎回買ってました。
薄い本でしたよね。
ピケはセナを嫌ってましたね。
才能があるブラジルドライバーだと警戒してたんでしょうね。
青山のHONDAショールーム、よく通いました。
残念ながらセナが亡くなったときは実家でしたが。
やっぱり輝いていたのはマルボロカラーのマクラーレン・ホンダのセナですよね。
【07.01】 URL // comfortable3 #79D/WHSg [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://f1cafe.blog63.fc2.com/tb.php/190-c8150f3e
F1 Baton
F1 Baton が「Comfortable Life」の comさんからまわっ...
ysykwdblog! 【2005.07.06】 []
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。