F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
ホンダ&アグリ サンマリノGPプレスリリース
Honda Racing F1 Team プレスリリース

■ルーベンス・バリチェロ
「イモラはドライバーにとって、実に走りがいのあるコースだよ。ここのレイアウトは大好きだけど、車体セットアップは難しい。ここでは僕自身、いろんなことがあった。ファンから熱烈な応援も受けたけれど、悲しい思い出もたくさんある。メルボルンで出た問題を解決するために、この2週間のテストでは、いつも以上に集中して走った。その甲斐あって、かなりの進歩を感じたよ。チームは今週末のレースに自信を持ってるし、僕もその気持ちに共感できる。いい結果が得られることを、期待してるよ」


■ジェンソン・バトン
「イモラではいつも、存分にレースを楽しんできた。コース自体はいろんなコーナーとシケインが混ぜ合わさったレイアウトで、かなり難易度は高い。でもサーキットの雰囲気は最高だし、僕自身いくつもの素晴らしい思い出がある。2004年には初めてのポールポジションを獲得し、レースでは2位表彰台に上がってるしね。今週からのヨーロッパラウンド開幕は、本当に楽しみだよ。序盤3戦で、表彰台にも上がり、ポイント獲得も重ねてきた。でも第3戦オーストラリアGPの結果には、本当にがっかりだった。それだけにここ2週間のテストで、マシンがかなり進化したことは、イモラに向けての好材料だよ。いい週末になることを祈ってるよ」


■ジル・ド・フェラン Honda Racing F1 Team スポーティングディレクター
「イモラはヨーロッパラウンド初戦であり、そしてわれわれはこれから1カ月で4つのレースを戦うことになる。例年ここでは、各チームともかなり性能を強化したマシンを持ち込む。その結果、フライアウェイでの順位が入れ替わることも珍しくない。もちろん、そのことは十分わかっていて、メルボルン以降集中的にテストを行ってきた。その結果、RA106は信頼性とパフォーマンスの両方で、成果を挙げることができた。このチームは昔からイモラとは相性がいいので、今週末もいい結果が残せるはずだよ」


■中本修平 Honda Racing F1 Team シニアアドバイザー
  ホンダ・レーシング・ディベロップメント エンジニアリングディレクター
「メルボルンでのジェンソンのマシンに関するエンジントラブルは、バルセロナで対策できました。ヨーロッパラウンド初戦となるイモラでは、よりパワフルなスペックを投入する予定です」





SUPER AGURI F1 TEAM プレスリリース

■佐藤琢磨
「ヨーロッパシーズンの始まりということは、チームのモーターホームも真新しいものになるということなので、楽しみだ。2週間の休みが取れたので、チームもリフレッシュできたし、サンマリノGPを心待ちにしている。イモラはユニークなサーキットだ。クラシックスタイルで、コース幅は細く、路面はバンピー。レースでは縁石を多く使うので、クルマのセットアップが非常に重要だ。天気はとても寒いことが多いので、シーズン序盤のレースとはドライビングコンディションが異なる。ぼくたちのクルマはストレートのスピードは良いのだが、シケインや高速コーナーが今回のレースの試練になるだろう」


■井出有治
「先週のバルセロナのテストで走れなくなってしまったことが残念だ。もっと長い距離を走る必要があったし、時間をかけてクルマのことを学ぶ必要もあった。オーストラリアと同じように次のレースもフィニッシュしたいと思っているが、今回はもう少し速く走れれば良いと思う。ヨーロッパのレースは初めてなので、とても楽しみにしているし、休みの間にイモラのサーキットを勉強した」


■鈴木亜久里 チーム代表
「外国のレースが3戦続いたので、チームのメンバーも家に帰れて嬉しかったと思う。イギリスに戻った機会に、クルマの作業を行うことができたし、バルセロナの重要なテストにも参加することができた。テストでは全てのプログラムを終えることはできなかったものの、初めてSA05でフルテストプログラムを行ったので、チームもSA05をより深く理解することができた。これから、初めてのヨーロッパラウンドに向けてイタリアへ出発するが、これまでの進捗状況には満足している」

スポンサーサイト

【2006.04.20】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://f1cafe.blog63.fc2.com/tb.php/2-c9853e92
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。