F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
やっぱりホンダが好き!
BARホンダの来期ドライバー決定のいきさつにはかなり失望し、ホンダスピリットを取り戻せと嘆きはしたものの、技術屋のスタッフの皆さんにはしっかりと継承されているのですね!
昨日のフジテレビの特番「HONDA 19年目の鈴鹿 F1夢の伝承者たち!」を見てそう思いました。
エンジン開発の責任者の方が、冷静に落ち着きながらも力強い眼差しでしっかりと語られるその姿と言葉にとても感銘を受けました。
ボクもこんな現場で働きたいと思いました。
まぁ、本当はF1ドライバーになりたいんですけどね(笑)

あの天才ながらも人一倍努力家であった故アイルトン・セナがホンダに惚れこんだ理由は、ホンダのエンジンパワーに魅了されたということだけではないはずだ。
最初はそうだったかも知れないが、一緒に戦っていくうちにホンダスタッフの取り組む姿勢に感銘を受けたに違いない。
すなわち”ホンダスピリット”に。
だから本田宗一郎氏の激励に涙し、ホンダ撤退の時に涙したのに違いない。

開発現場の方たちは本当にがんばっている。
だからこそ最高の実績を出すために、良いドライバーを確保することは大切かも知れないが、手段を選ばない今回のやり方はちょっと違うのでは?と改めて思いました。
壁にぶつかろうとも、諦めず、妥協せず、真摯な姿勢で開発に取り組んでいる人からすれば、同じくレース現場の人にも真摯な姿勢で臨んで欲しいと思うはずだ。
(日本人が作ってるんだから、日本人が走らせて勝って欲しいという思いもあったろう...)

レース現場のスタッフもあせらず、もう一度原点に立ち返ってがんばって欲しい。
やっぱりホンダが好きだと実感しましたが、琢磨が正ドライバーとして来期他のチームで走るならば、そっちを応援しちゃいますねぇ...。
やっぱりホンダ&琢磨のパッケージが最高だよなぁ...。
こうなりゃ、やっぱりウィリアムズ・ホンダ&琢磨を願うしかないかなぁ。
で、2年後にバリチェロの契約が切れれば、完全ホンダワークスチームに琢磨が復帰。
その頃にはエンジンはもちろんのこと、シャシー、エアロも最高の域に達し、チーム戦略もバッチリなチームに成熟しており、ドライバー、コストラクターズと日本人が総なめ...。
なんてシナリオを秋の夜にふと考えちゃったりしてしまってます。

さて、明日はどんな発表があるのでしょうか!?

スポンサーサイト

【2005.10.03】 未分類
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
こういう、現場のドラマ・・見ていて魅入ってしまいますね~
ビックリしたのが、あの栃木でのエンジンテスト。
全てのサーキットを走ったと同じ状態にさせることが出来るとは…
エンジンの回転数を聞きながら、驚いてしまいました!!
そういえば、この番組内でもまた流されてましたが・・セナがホンダが撤退の時に・・和光などの地域のホンダスタッフのことまで語ったのは・・ホンダスタッフ皆感激だったとか。。
こういう所にも、ホンダの強さ!があるのかもしれないですね・・
【10.04】 URL // saco #79D/WHSg [編集] []
★sacoさん
>ビックリしたのが、あの栃木でのエンジンテスト
いい音してましたね。
来期からV8エンジンになると鈍い音になるのでしょうか?
寂しい気がします。
セナのホンダに対するあの気持ち、ほろっときちゃいますよね。
バトンにゃ無理だね、ああいう姿勢は...。
セナの愛したホンダ、早く優勝して欲しいものです。
でも来期琢磨いないしな...。
セナ同郷のバリケロ応援すっかな。
【10.04】 URL // comfortable3 #79D/WHSg [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://f1cafe.blog63.fc2.com/tb.php/255-69ffa80f
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。