F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
2006型マシン、昨年の予選タイムを超える!
開幕戦に向けて各チームがテストを精力的にこなしていますが、ついにV8エンジンを積んだ2006年マシンが昨年の予選ポールタイムを簡単に破っちゃいました!

バルセロナにおいてテストを続けているホンダのJバトンが1分13秒920をマーク。
昨年のスペインGP予選で、マクラーレンのキミ・ライコネンが叩き出した予選タイムである1分14秒819を大幅に上回ってしまった。
(詳しくはF1キンダーガーテン)


これにはFIAのモズレーもびっくりか?
とにかく今のF1技術の進歩には改めて驚かされた。

さて、われらがSAF1のマシンもがんばっている!
ミッドランドの後姿が見えてきたぞ!
現在空力的にはレギュレーションに適合していないエアロパッケージのマシンだが、来週にはイギリスのシルバーストンにてアップデートしたエアロパッケージのテストが予定されている模様。
(詳しくはF1LIVE.com)
1位 J・バトン(ホンダ)       1'13.935 116周
 2位 G・フィジケラ(ルノー)     1'13.971 125周
 3位 F・アロンソ(ルノー)      1'13.977 113周
 4位 R・バリチェロ(ホンダ)     1'14.266 119周
 5位 J・P・モントーヤ(マクラーレン)1'14.588 131周
 6位 K・ライコネン(マクラーレン)  1'15.475  80周
 7位 N・ロズベルグ(ウィリアムズ)  1'15.774  83周
 8位 R・シューマッハ(トヨタ)    1'15.973  97周
 9位 D・クルサード(レッドブル)   1'16.034  54周
10位 J・トゥルーリ(トヨタ)     1'16.057 103周
11位 M・ウェバー(ウィリアムズ)   1'16.128  97周
12位 C・クリエン(レッドブル)    1'16.923  55周
13位 C・アルバース(ミッドランドF1) 1'17.142 79周
14位 佐藤琢磨(SAF1)       1'19.787  58周

■佐藤琢磨コメント
「これほど厳しいスケジュールの中で今回のテストを実現させたチームのみんなのことを誇りに思う。明らかに今回のテストは、バーレーンへ向かう前にボクらのシステムプログラムをチェックする機会として重要なものだった」

「成功と言える3日間のテストを完了することができてとても満足しているし、評価するための少量のデータを得ているよ。パフォーマンスに関しては懸命に仕事をする必要があるけど、少なくとも励みとなるスタートだったし、みんながこれほど素晴らしい仕事をしてくれたことをとても嬉しく思っている。来週のシルバーストンにおいてボクらの2006年最初のエアロパッケージをシェイクダウンするから、本当に懸命に仕事をするつもりだよ」
(F1Racing.jp)

ほんとに開幕が近づいてきました!

スポンサーサイト

【2006.02.24】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(6) []
こんにちは~~(*^_^*)
こっちはすごく良いお天気です!!
姉さんは、午前中お洗濯をしてこれからお買い物にでも、マシン(ただの車・・)走らせて来ようかな(笑)
家の甥っ子も実は”タクマ”なんです(笑)
同じ名前なんで、影ながら応援してますね?
【02.25】 URL // suzuran1522 #79D/WHSg [編集] []
90年代後半から始まった、FIAによるペースダウン大作戦。グルーブドタイヤの導入によるグリップの低下、マシンのナロー化によるダウンフォース軽減、グルーブドタイヤの前輪にさらに溝を1本追加してさらなるグリップの低下、2レースエンジンを不変として馬力強化を抑制、1レースにおけるタイヤ交換の禁止でさらなるグリップの低下。
しかし、F1カーは早くなり続けた。それは技術の進化。V8エンジンは、加速能力がV10エンジンよりも長けているから、ラップタイムの短縮に繋がったのではないでしょうか?
本当にFIAがラップタイムを落とそうとするならば、90年代初頭のグッドイヤータイヤを使い、レース中の再給油を禁止し、ハイテクを禁止する。これでタイム、落ちますね。今より10秒落ち。
【02.25】 URL // trick_fate_music #79D/WHSg [編集] []
こんばんは
タイヤ交換が復活したことによるグリップの向上が大きい要素だと思います。
ホンダの場合、BAR007は自ら空力の失敗作と認めていますから、伸び代が大きいのだと思います。
【02.25】 URL // ビートニク #79D/WHSg [編集] []
★すずらんさん
今日は良い天気でしたが、明日は大幅に崩れそうですね。
ところで姉さんはクルマで通勤なんですか?
クルマ持ってるってことは、それなりに乗ってるってことですよね。
何かいい買い物できましたか?
【02.25】 URL // comfortable3 #79D/WHSg [編集] []
★trick_fate_musicさん
もういたちごっこって感じですよね。
レギュレーションで縛らなかったらどうなってるんでしょうか?
今頃めちゃくちゃ早いラップを刻んでるんでしょうね。
ただし、生身の人間の身体がついていかなくて、ドライブできなかったりして(笑)
ボクにとってハイテクもF1の魅力のひとつになってるのですが、この規制なしにはやはりタイムを抑えることが最終的にはできなくなるんでしょうね。
【02.25】 URL // comfortable3 #79D/WHSg [編集] []
★ビートニクさん
確かに耐久性よりもグリップの向上に力を入れれば早くなるでしょうね。
しかしホンダは調子いいですね。
去年からこの調子なら琢磨くんも残留できたかも知れないですよね。
でも、純日本チームに才能ある日本人ドライバーが乗ることになったのだから、これもよかったのかも。
本当にそう実感できる日が数年後に来ればいいですね!
【02.25】 URL // comfortable3 #79D/WHSg [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://f1cafe.blog63.fc2.com/tb.php/339-a0208999
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。