F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
第18戦ブラジルGP 決勝
マッサ、念願の母国グランプリ優勝!
アロンソ2位、ミハエルのラストランは猛追も及ばず4位フィニッシュ
ルノー&アロンソが2年連続でワールドチャンピオンに輝く!

br2

 ・ブラジルGP決勝 : リザルト  レポート

最終戦ブラジルGPが終了し、2006年F1世界選手権のワールドチャンピオンが決定した。
マッサがセナ以来の母国グランプリ優勝を果たした。
そしてアロンソが2位で完走し、2年連続のワールドチャンプの座をつかんだ。




しかしながら、今グランプリの主役は去り行くミハエルだった。
予選、決勝とラストグランプリとしては本当についてない出来事が発生し、優秀の美を飾る結果は残せなかったものの(しかし決勝ではファステストラップを記録)、十分に速さを見せ付けたグランプリであった。
順調に行っていればポール・トゥ・ウィンを決めていたに違いない。

考えようでは、逆に最後尾から追い上げの方がその速さを見せ付けることができたのかもしれない。実際かなりのインパクトがあった。
ミハエルは最後に見事「まだ十分やれる」と印象付け、惜しまれながら引退の花道を飾ったのだ。
歴代のチャンピオンとは違い、よい形の引退ではなかったかとボクは思う。

しかしながら、来期開幕戦では彼がいなくなったことが悔やまれてならないことだろう。


スポンサーサイト
【2006.11.05】 Final
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://f1cafe.blog63.fc2.com/tb.php/413-43ef1f84
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。