F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
第15戦日本GP 決勝
JPN2

ハミルトン優勝 ルーキーチャンプに王手

・決勝リザルト

・ファステストラップ一覧

・日本GP終了後シリーズ・ポイント


【決勝後インタビュー】
・2年目の日本GPで目的を果たせなかった(SAF1佐藤琢磨)



【決勝後プレスリリース】
・Honda Racing F1 Team

・SUPER AGURI F1 TEAM


雨の中スタートした富士での日本グランプリ決勝は厳しいレースとなった。
ドライバーにとって一番の敵は”視界”だったであろう。
オンボードカメラでの映像はひどいものだった。

ポールの特権はウォータースクリーンが無いこと。
フロントローのマクラーレンは快調に飛ばしていった。

一方のフェラーリはFIAよりスタートで義務付けられたエクストリームウェットタイヤを装着しておらず、早々とピットイン。
大きく予定が狂うこととなった。

しかし、マクラーレンもいつまでも視界良好とはならない。
他のクルマとからんでくるとやはり接触のリスクが高まり、ハミルトンもアロンソも接触をしてしまう。
接触後マシンに影響が出たのか、アロンソが痛恨のクラッシュでリタイヤ。
次戦、ハミルトンとアロンソの間に逆のことも起こりうるであろうが、そういうことでもなければチャンピオン獲得は絶望的になってしまった。

今季は絶対的にマシンの完成度が低いホンダとSAF1、雨にチャンスを見出そうとしたものの活かすことができなかった。
トヨタを含め、母国GPとなる日本勢にはかなり厳しい結果となった。

ハミルトンにとってはチャンピオンに大手をかける大きな一戦となったが、彼の冷静なドライビングが光ったレースであった。





スポンサーサイト

【2007.10.01】 Final
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://f1cafe.blog63.fc2.com/tb.php/467-35e7551e
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。