F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
第16戦中国GP 決勝
china3

第16戦中国GP決勝はライコネンが優勝!
ハミルトンは痛恨のリタイア、チャンピオン決定は最終戦へ!


【決勝リザルト】
・中国GP決勝順位&レポ

・中国GP決勝ファステストラップ一覧

・中国GP終了後ドライバーズポイント

・中国GP終了後コンストラクターズポイント

※最終戦タイトル決定条件


■Honda Racing F1 ドライバーキャップ 2007/J.バトン 

ウェット状態でスタートした中国GP。
路面状況、天候の読みが明暗を分ける展開となった。

チャンピオン決定に向けて、ポールから順調なスタートを切ったハミルトンであったが、タイヤ交換のタイミングを誤り、ライコネンに抜かれた挙句、痛恨のリタイア。
リアタイヤは磨耗し、何か白いものが覗いているほどであったが、チームはピットインのタイミングを遅らせた。
やっとのことでピットロードまでたどり着いたハミルトンであったが、ここで痛恨のコースアウト。
その後ピートロード脇のグラベルから脱出することはできなかった
このチームとドライバーのミスが最終戦へと大きく興味を持たせる結果となった。

その後ライコネンはプッシュし続け、2位アロンソとの差を保ちながらフィニッシュ。
ライコネン、アロンソ共に最終戦へと望みをつなげた。

しかしながら依然とハミルトン有利なポイント差。
最終戦は信頼性が大きなポイントとなりそうだ。

ホンダはバトンが健闘して5位入賞。
路面が乾き始めてからのソフトタイヤでの追い上げはすばらしく、一時4位まで上がったものの、終盤にもう1回ピットストップが残っていた。

バトンの入賞でホンダはアグリチームのコンストラクターズポイントを上回った。
残念なことにトロロッソがW入賞したことにより、アグリチームはさらにコンストラクターズ順位を下げることとなった。

アグリチームは早々にデビッドソンがバリチェロと接触してリタイヤし、琢磨も雨のリベンジならず14位とふるわなかった。








スポンサーサイト

【2007.10.07】 Final
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://f1cafe.blog63.fc2.com/tb.php/471-19c75a20
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。