F1好き集まれ!(ホンダ贔屓)
Profile

com

Author:com
F1にはまって以来ホンダ好きです。
もちろんアグリチームも応援していますが、トヨタは応援していません。
今は好きなドライバーはいないけど、もちろん琢磨クンは応援してます。
愛車はオデッセイです。

最近の記事+コメント
カテゴリー
Track Back
Blog Links

RSSフィード
New Odyssey

月別アーカイブ
12  08  05  03  02  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10  09  08  07 
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
Honda、F1撤退を発表
本田技研工業株式会社は、5日、東京青山の本社で緊急記者会見を開き、2008年をもってF1GPから撤退することを発表した。

ホンダが発表したプレスリリースの全文は以下の通り。

F1レース活動について

2008年12月5日(金)

私どもHondaは、このたび、2008年をもってF1レース活動から撤退することを決定いたしました。

サブプライム問題に端を発した金融危機と、それらに伴う信用危機、各国に広がった実体経済の急速な後退により、Hondaを取り巻くビジネス環境は急速に悪化してきています。
当面の世界経済は不透明さを増すばかりであり、回復にはしばらく時間がかかることが予想されます。

Hondaはこの急激かつ大幅な市場環境の悪化に対し、迅速かつフレキシブルに対応をしてきましたが、将来への投資も含め、さらに経営資源の効率的な再配分が必要との認識から、F1活動からの撤退を決定いたしました。今後のHonda Racing F1 Team、英国でエンジンの供給を行ってきたHonda Racing Development Ltd.については、チーム売却の可能性も含め従業員と協議にはいります。

Hondaは第3期のF1活動として、2000年よりB・A・Rとの共同開発という新しい形での参戦をいたしました。その後のF1を取り巻く環境変化により2006年よりHondaが100%出資するチームとしての運営に移行しました。最高峰のレースへの挑戦は、思いのほか厳しい道のりでしたが、多くの応援を頂き、2006年に貴重な1勝をあげることができました。頂いたご声援に十分お応えすることなく撤退の決定をすることは大変困難をともなう決断でした。

今後は、この激動の時代を生き抜き、レースで培われたチャレンジング・スピリットをもって、様々な新たな課題に引き続き挑戦し続けてまいります。

これまで、ご声援をくださった多くのファンの皆様、そして活動を支えてくださったF1界の皆様に対し、心よりお礼申し上げます。

尚、来年、鈴鹿サーキットでは予定どおりF1日本グランプリを開催いたします。来シーズンに向けての改修工事も順調に進んでおります。

ありがとうございました。



本田技研工業株式会社
代表取締役社長
福井 威夫



な、なんてことだ、
恐れていたことが現実のことになってしまった...

原油の高騰や景気の急激な落ち込みで自動車販売の不振が深刻となっており、F1活動に少なからずも影響があるのではと思っていたが、まさか撤退するとは!

福井社長は、「世界経済の金融危機とによる実体経済の急激な後退によるビジネス環境の悪化対応を撤退の理由」とし、“撤退の決意”を一瞬涙声になりながら発表したとのことだが、そこに苦渋の決断からくる悔しさが見て取れる。

今季はロス・ブラウンを迎え入れ、シーズン半ばからはレギュレーションが大きく変わる来季のマシン作りを着々と進めてきており、先日のテストでは来季への手応えを感じていた矢先のことで、とても撤退を考えているチームの動きではなかった。
社長の「11月ころから景気の急激な落ち込みで意識し始めたが、撤退を決意したのは昨日(4日)」というコメントは嘘ではあるまい。

ホンダエンジンで最速の男セナに魅了されてF1にのめり込んだボクにとって、ホンダの撤退はかなりの衝撃である。
また、来期には大きく期待していた矢先だけにショックはひときわである。
年々のレギュレーションの変更に不満を持ち、F1の魅力が個人的には薄れつつあっただけに、来期はF1への興味がなくなってしまっているのではないかと心配する有様だ。

しかしながら、ボクも企業人としての立場で考えるならば、この決断は妥当であり理解できるものである。
それだけに本当に悔しくて悲しい...。

今回の決断は「休止」ではなく「撤退」で、将来のことは白紙とのことであるが、どうしても将来の復活を期待してしまう。
ホンダなら将来経済状況が安定してくれば必ず復活するだろう。
その将来においてF1自体の価値が見出せればの話だが。
環境問題やレギュレーションの変更により、もはやこれまでのF1と異質なものになっているかもしれないと心配しているのはボクだけであろうか?

気持ち的にはまだまだ受け入れられないし納得できないが、これまでの活動と感動に心からありがとうと言いたい。

ホンダの撤退に続き、このブログも撤退を考えるときがやってきた。
スポンサーサイト
【2008.12.06】 News
TRACKBACK(0) // COMMENT(4) []
このコメントは管理者の承認待ちです
【12.07】 // # [編集] []
このコメントは管理者の承認待ちです
【11.03】 // # [編集] []
このコメントは管理者の承認待ちです
【11.23】 // # [編集] []
このコメントは管理者の承認待ちです
【02.07】 // # [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://f1cafe.blog63.fc2.com/tb.php/490-19532787
Formula 1 Link
TRT


Copyright © 2005 Café de Formula 1 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。